ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 三春交流館「まほら」
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

三春交流館「まほら」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月12日更新

生涯学習課からのお知らせ

                                                                               

まほらフェスティバルオーケストラ
ニューイヤーコンサート2019inまほら

ニューイヤーコンサートチラシ画像 
◆開催日

 平成31年1月14日(月曜日・祝日) 

◆開演時間

 14時開演(13時30分開場)

前売り券

 全席指定
 一般 5,000円(当日5,500円)
 高校生以下2,000円(当日2,500円)

※当日券は500円増となります。
前売りで完売の場合は当日券の販売はありません。

10月14日開催の小山実稚恵ピアノリサイタルチケット、
12月 9日開催の石坂団十郎&小菅優デュオリサイタルチケット
をお持ちのお客様は、ニューイヤーコンサートの特別割引券となっておりますので
チケットをお求めになる際にお持ちください。

本公演は、宝くじの助成を受けて実施します宝くじのクーちゃん

チケット好評発売中
                                                                            

 

                                                                    

 東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター三浦章宏氏を中心に、在京オーケストラで活躍する気鋭の演奏家たち総勢45名が「まほらホール」に集結し、この日限りの「まほらフェスティバルオーケストラ」を編成します。
 ウィーンニューイヤーコンサートの雰囲気を三春町でも味わえるよう、プログラムにはシュトラウスをはじめ7名の作曲家の名曲を揃え、華やかに
新年を祝います。
 楽団員の信頼の厚い白河和治氏による指揮は、気品あるそしてエネルギッシュなオーケストラの表現を引き出し、聴衆を魅了することでしょう。

                                                         三春交流館運営協会自主事業はこちら

 

まほら外観

三春交流館「まほら」について

「まほら」とは

    「まほ」(「真秀」と書く。よく整っていること。完全なさまという意味)に場所を示す「ら」がついたもので、すぐれたよい場所・ひいでた国を意味する古語です。「まほろば」という言葉も同じ意味で使われます。万葉集の山上憶良の有名な歌(惑へる情を返さしむる歌)や日本書紀の景行紀でもこの言葉が使われています。

三春交流館「まほら」のホームページにようこそ!
「まほら」の施設と各種イベントについて紹介します。

  施設案内施設案内  利用案内利用案内  イベントカレンダーイベントカレンダー  アクセスアクセス

 

三春交流館運営協会自主事業のお知らせ

      これからの自主事業終了した自主事業  

     

お問い合わせ