ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 古の三春|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 古の三春|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

古の三春|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月18日更新
 

Web資料館

三春のあらまし

古(いにしえ)の三春

 三春町では、昭和40年代から町内各地で発掘調査が実施され、特に三春ダム建設に伴う発掘調査では、縄文時代の遺跡が多数発見されました。

 三春町北部にある堂平遺跡は、縄文時代中期から後期(5,00から3,000年前頃)の遺跡で、敷石住居跡が発見されました。現在、竪穴住居を復元し、総合学習等に活用されています。

 三春町南部、三春ダム周辺の遺跡からは、竪穴住居跡や複式炉など、貴重な遺跡が多数発見されました。代表的な遺跡には、縄文時代後期(4,000から3,000年前頃)を中心とする西方前遺跡や柴原A遺跡があります。西方前遺跡・柴原A遺跡からは、敷石住居や配石墓の跡が多数発見され、多くの方々の注目を集めました。

 資料館常設展では、主に西方前遺跡出土品を展示しています。特に西方前遺跡第94号土坑出土土偶は、縄文時代晩期(3,000から2,300年前頃)のもので、穏やかな微笑をうかべた美しいものです。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ