ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 御木沢の「国府斎翁碑」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 御木沢の「国府斎翁碑」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

御木沢の「国府斎翁碑」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月18日更新

Web資料館

まちかど文化財

御木沢の「国府斎翁碑」

国府斎翁碑
 国府斎翁碑

 江戸時代、三春藩の代表的産業に、養蚕と葉たばこの生産がありました。現在では、たばこの栽培は行われているものの、養蚕を行う農家はほとんどなくなってしまいましたが、戦後まもなくまでは、この二つが三春に住む多くの人々の生活を支えていたのです。

 三春藩領で生産されたたばこは、当初は古殿町松川原産の葉たばこだったため、「松川葉」あるいは「竹貫葉」と呼ばれる銘柄でした。しかし、江戸時代の終わり頃、七草木村の橋本惣五郎が水戸国府種を改良普及させ、「三春国府」と呼ばれるほど名声をもたらしたのです。

 三春において、たばこの生産は重要な収入源であり、多くの農家がこれに従事していました。そして、新種の改良・普及に功績のある橋本惣五郎は、地元七草木ではおおいに尊敬され、それを顕彰するため、明治22(1889)年3月、石碑が建てられたのです。

 この石碑は、地区交流館御木沢分館入り口左脇にあるもので、題は「国府斎翁碑」と彫られています。内容は、三春におけるたばこ生産の育成、それに対する橋本惣五郎の功績が述べられています。また、惣五郎が改良したたばこにちなんで、彼が「国府斎翁」と呼ばれたこともうかがい知ることができます。また、石碑の両脇・裏面には、これを建立するために寄付金を出した人々の名前が彫られ、七草木村だけではない、多くの人々の名前が彫られています。

 江戸時代から明治時代にかけて、三春の産業振興に努めた橋本惣五郎の業績は、当時はもちろん、現在でも高く評価されるものですが、その石碑は訪れる人も少ないまま残されているのです。

(藤井 康)

  ●一覧へ    △このページの先頭へ