ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 熊耳の「大井戸」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 熊耳の「大井戸」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

熊耳の「大井戸」|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月18日更新

Web資料館

まちかど文化財

熊耳の「大井戸」

大井戸
 大井戸

 大字熊耳字舘と古殿の境目、十一面観音を祀るお堂と菅原神社のちょうど中間辺りに、地元の方が「熊耳の大井戸」と呼んでいる井戸があります。

 大井戸の大きさは、幅がおよそ7メートルくらいあり、深さも1メートル以上あるようで、井戸としてはたいへん大きなものです。

 大井戸の周囲には、スギやヒノキ・ケヤキの大木があり、この井戸が古くから存在していたことをうかがわせます。また、この井戸は、昔は雄井戸といい、その北側に女井戸という泉もあったそうです。

 この大井戸に関する資料は何も残されていませんが、井戸の近くに「熊耳館」という中世の館跡があることから、この井戸も、今から400年以上前から使用されていたのではないかと思われます。

 熊耳の大井戸には、いくつかの伝説がありますが、いずれも、この井戸の水を汚した場合、あるいは周囲の大木の枝を切った場合に、何らかの怪現象が起こったことを伝えています。このような伝説が伝わる理由は、観音堂と神社に挟まれ、豊かな水をたたえた井戸が、地域の人々へ水を提供するだけではなく、信仰の対象にもなっていたからでしょう。

 熊耳の大井戸については、三春町公民館が発行した『おらが里のざっと昔 その二』に詳しく紹介されています。現地を訪れるとともに、その伝説などもご一読ください。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ