ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 田村大元神社の石橋|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 田村大元神社の石橋|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

田村大元神社の石橋|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新
 

Web資料館

まちかど文化財

田村大元神社の石橋

 山中にある田村大元神社は、田村義顕が三春城を築いたとされる永正元(1504)年、守山(現在の郡山市田村町)から大元帥明王を移して建てられた神社です。また、戦国大名田村氏の時代は門前町が形成されるほど賑わい、江戸時代になっても三春藩領内総鎮守という格式を誇り、多くの人々から崇敬をあつめていました。

 現在の建物は、江戸時代後半、三春藩主秋田氏によって建てられたもので、秋田家の家紋「檜扇に違い鷲羽」が付けられています。表門、境内末社の八幡神社・熊野神社、金剛力士像は町指定文化財になっており、歴史的文化財も数多く残されていますが、近年、表門屋根・拝殿、境内末社などの修復が行われています。

田村大元神社の鳥居と石橋
 大元神社の鳥居と石橋

 田村大元神社の麓には石の鳥居がありますが、その手前、県道からの入り口に小さな石橋が残されています。「川が流れているわけではないのになぜ橋が?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここには以前川が流れていたのです。

 掲載したのは、宝永4(1707)年の三春城下絵図の一部ですが、ここに描かれたように、桜川は新町登り口の辺りから県道をまたぎ、大元神社の下を進んだ後、再度現在の流れに戻っていたのです。

 この石橋は、城下町三春の歴史をうかがわせる貴重な文化財といえるのです。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ