ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 田村四十八館を歩く〔4〕-七草木館-|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 田村四十八館を歩く〔4〕-七草木館-|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

田村四十八館を歩く〔4〕-七草木館-|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新
 

Web資料館

城と館

田村四十八館を歩く〔4〕-七草木館-

 御祭館から、さらに2キロほど北に行った七草木の集落の東で、東から西へ張り出した尾根の先端に七草木館跡があります。

 眼下に小浜海道を望み、全体で東西約140m、南北60mほどの細長い館跡です。山上の本丸は、やや東寄りで空堀により二つに分断され、周囲の帯郭とは3mから5mの高さの急な斜面により分けられています。館下からの比高差は30mとあまり高くはありませんが、帯郭の下でも、特に北側は急斜面を削り出しており、安達方面と小浜海道に対する守りを堅固にしています。

 七草木村は、鎌倉時代末には藤原姓田村氏の娘が地頭を勤めていました。その代官は鎌倉幕府滅亡後に上洛し、後醍醐天皇の新政府に加わり、領地の安堵を受けています。その後、彼女が相馬重胤に嫁いだため、七草木村は相馬領となったという記録が残されています。このことから、七草木村は、当時の田村氏の動向を知る上でも重要な村ということができます。

(平田禎文)

一覧へ    △このページの先頭へ