ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 秋田謐季の墓所|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 秋田謐季の墓所|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

秋田謐季の墓所|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新
 

Web資料館

秋田謐季(長季)の墓所

 三春藩主秋田家の菩提寺は、龍穏院と高乾院です。両寺の関係は「高乾院と龍穏院」をご覧いただくとして、そこで未詳とした、8代藩主秋田謐季の墓所がなぜ龍穏院にあるのかについて、新史料をご紹介しながら触れてみます。

 秋田謐季は、文化8(1811)年7月6日、34歳の若さで亡くなり龍穏院に葬られました。新しく発見した史料には、次のように書かれています。

           ○御遺骸葬
此度竜穏院江○導師申付候處、高乾院様御已来厚御主意も有之ニ付、龍穏院江は永年導師申付候例も無之候ニ付、高乾院院代可致心配候間、此度は例外之事候、已来は前々之通ニ相心得、此旨高乾院初住ニて不及心配様、院代より相傳可申候、右之通御意被 仰出候、
 七月   年寄共
高乾院院代
 福聚寺大信和尚

 三春藩の家老が「御遺骸葬」と呼ぶのは殿様(あるいは隠居)の葬式しか考えられないこと、それを龍穏院へ申し付けたことが例外とされたこと、これ以後は前々のとおり高乾院に藩主等の葬式を任せることを通知したこと、差出しの日付が7月であることから、この史料は謐季の葬式に関る史料と確定できます。

 以上から、謐季が龍穏院に葬られたのは、謐季死去の時、高乾院に住職がおらず、福聚寺が院代を勤めていたことと、龍穏院と高乾院の位置付けを充分認識していなかった藩の重役たちが、謐季の導師を龍穏院に申し付け、墓所を設けてしまったことに理由があると分かるのです。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ