ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > ダンゴさし(十六団子)|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > ダンゴさし(十六団子)|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

ダンゴさし(十六団子)|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

Web資料館

ダンゴさし(十六団子)

1月14日(小正月) ≪五穀豊穣≫

ダンゴさし

 小正月(1月14日)になると、ミズノキやヤマグワに、煮た小さな団子を挿し、神棚のある太い柱などに結わえつけ、五穀豊穣を祈ります。木には、団子の他に、小判や宝船などを象ったものもお供えし、縁起をかつぎます。現在は、食紅で団子に色をつけることが多くなり、華やかなものになっています。

 また、三春では養蚕が盛んでしたので、養蚕農家では、団子を繭玉に見立て、繭の豊作と安全を祈っていました。

 地域によっては「十六団子」と呼ばれていますが、十六団子は田の神をまつるため、16個の団子を、3月16日と10月16日にお供えするものです。これは、田の神が3月16日に山から里に下り、10月16日に山に上ると言われているからです。1月14日に行われるダンゴさしが「十六団子」と呼ばれるのは、田の神信仰の名残なのです。

(大内 美穂)

一覧へ    △このページの先頭へ