ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 三春だるま市|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 三春だるま市|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

三春だるま市|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

Web資料館

三春だるま市

三春だるま市  両目が入った、赤い顔のダルマが並びます。

 三春だるま市は1月第3日曜日に開催され、大町おまつり道路に、ダルマを売る店や露天が軒を連ねます。ダルマのほかに縁起物も販売されていて、福まさる(「去年に勝る」・「魔去る」に通じる土鈴を弓につけた縁起物)や干支の張子人形も購入することができます。

 ダルマは、高柴(郡山市西田町)で作成されていて、三春ダルマ・南瓜ダルマ・本陣ダルマ・雪村ダルマ(顔の色が濃く、袈裟を纏ったような古代ダルマ。別名、雪村ダルマ)などがありますが、三春だるま市で、三春ダルマ以外はなかなか見ることができません。

 三春ダルマの特徴は、最初から目が入っていて、頭が平ら、横幅に対し背の高い東北型で、顔一面に淡い色を施し、眉は長めでヒゲが濃く、顔の縁取りは鮮やかな藍がかった青色で、きつい顔つきです。

 高柴が発祥の地なので、「高柴ダルマ」とも呼ばれています。

(大内 美穂)

一覧へ    △このページの先頭へ