ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 三春駒の話|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 三春駒の話|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

三春駒の話|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

Web資料館

三春駒の話

三春駒

 大分県に臼杵市という町があります。臼杵大仏で有名な町ですが、江戸時代には、稲葉家五万石の城下町としても有名な町です。

 ところで、臼杵市の市立図書館には、江戸時代のさまざまな史料が保管されており、中でも江戸藩邸で記された日記は、当時の江戸の様子、大名の生活を考えるうえで、貴重な資料となっています。先日、たまたま天保9 (1838) 年の日記の写真版を読んでいたところ、その中に以下の一文が記されていることに気付きました。

一、 秋田様御国ニて出来候由三春木馬、此度左衛門尉様御手ニ被為入候由、右ハ左衛門尉様より御奥様へ被進候

 ここに出てくる「左衛門尉」は、豊前国中津藩前藩主奥平昌高のことで、臼杵藩主稲葉幾通正室の父親です。

 この記事から、父親が娘に三春木馬(三春駒)を贈ったことが分かり、三春駒が江戸で販売されるなどしていたことがうかがえ、同時にそれが、贈答品として意識されていたことが知られるのです。

 三春駒の流通についてはこれまで具体的な資料がありませんでしたが、この記述は、そうした三春駒の歴史を知る、貴重な記録と言えるのです。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ