ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 西方水かけ祭り|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 西方水かけ祭り|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

西方水かけ祭り|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新
 

Web資料館

西方水かけ祭り

1月1日 無形民俗文化財 ≪無病息災・五穀豊穣・子孫繁栄≫

西方水かけ祭り

 西方水かけ祭りは、毎年元旦(以前は1月15日の小正月)に、前年度に結婚した男性の家を宿とし、この地区の青年がまわし一つで水をかけあうものです。最初は井戸の水をかけ合いますが、次第に田んぼの泥水までもかけ合うので、別名「泥かけ祭り」とも呼ばれています。水かけが終わると、西方地区の初嫁が集い、神に嫁としての勤めを誓った後、椀籠に、すりこぎ・しゃもじ・杓などの台所用品を縛り付けたものを背負い、祝宴の接待に当たります。初嫁が背負う椀籠は「女性」・スリコギは「男性」を象徴しています(しゃもじや柄杓などは後から加わったものとされています)。椀籠を背負うのは、一生連れ添うための誓いで、子孫繁栄を願うものなのです。

 この水かけ祭りは、若者同士の婚姻承認の祝福儀礼、氏子入りの試練の一つです。それに新年の厄除けや、五穀豊穣・子孫繁栄・村内安全の祈願が習合していると考えられます。

(大内 美穂)

一覧へ    △このページの先頭へ