ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

滝桜3|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

Web資料館

滝桜〔3〕

 「滝桜〔2〕」でお話しした「龍光寺桜」について、新たな史料を見つけたのでご紹介します。その史料とは、「滝桜〔1〕」で典拠とした「陸奥の編笠」で、先の原稿を書いていた時には気づかなかった以下の一節です。

(滝桜から)少し離れて、道の側に同じくしだり桜の老木朽果て、三つに裂け、皮計にて三本の様に成り、枝少しづつ出たる古木あり。瀧の桜の親木なりと昔よりいゝ伝ふる由。往来の街道ゆへか、是には制札ありて、枝を折る事を禁じらる。是等の桜(滝桜とこの桜)、花の盛りならば、珍らしき荘(ママ)観なるべきと、いと口惜かりき。

 三春町の地理に詳しい方はお分かりでしょうが、位置関係を解説しておきます。

 この史料の筆者は、柳橋(現在の郡山市で、三春町・大越町・小野町との境辺り)方面からやって来て、滝桜を見学しました。この方向から来ると、滝桜は左手に見えます。そして、史料のとおり、そのまま少し進むと、右手に龍光寺があります。ここに史料に出てくる桜の古木があるのです。

 先にご紹介した「松庭雑談」は幕末の記述ですが、「陸奥の編笠」は享和3(1803)年のものです。つまり、この史料から、「松庭雑談」から半世紀程前に、龍光寺の桜が滝桜の親木とされていたことがうかがえるのです。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ