ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 三春そうめん|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 三春そうめん|Web資料館|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。
歴史民俗資料館について
利用案内
自由民権記念館
郷土人形館
講座案内
刊行物案内
三春の文化財
Web資料館
もくじを閉じる

三春そうめん|Web資料館|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

Web資料館

三春そうめん

 今回は、"三春そうめん"に関する新出史料をご紹介します。江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には、三春で作られるそうめんは細くて色白でよい、と書かれ、その存在が知られていたようです。しかし、いまや"伝説の三春そうめん"と称されるようになり、その作り方や歴史は、まったくわからなくなってしまったのです。

 ところで、この欄で何度かご紹介した「三春領名所旧跡集 松庭雑談」の中に、以下の一文を発見しました。

  玉木索麺
玉木索麺ハ、城下にて玉木屋といへる店のよく製す索麺。一筋の中に、細く穴を通す。皆如斯風味も至て佳也。夏献上あり。

 つまり、"三春そうめん"とは、城下の玉木屋という店がつくり、そうめんの中に細い穴のあるものだったのです。夏に、三春のお殿様が将軍へ献上(贈り物)したという点からみても、この記事は正確なものと思われます。

 この一文だけでは"伝説の三春そうめん"を昔のとおり復活することは無理かもしれましんが、細い穴を別にすれば、私たちが現在食べている"三春そうめん"も、昔の姿にかなり近いのかもしれません。

(藤井 康)

一覧へ    △このページの先頭へ