ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

天体写真:太陽:部分日食

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

部分日食

  部分日食の写真

日食とは、太陽と地球の間に月が入り込む現象です。月がやや大きめで太陽をすっぽりと隠せば、皆既日食がおこります。反対に、月のほうが少し小さく見える時には、太陽が隠しきれずに太陽の外側の縁が光の輪になって残る金環食がおこります。
写真は、2002年6月11日にの部分日食の様子です。

注意

ステーションでは、ディスターフィルターという特殊なフィルターを使って安全に太陽の観察をすることができます。太陽を観察する道具のない望遠鏡で太陽を見ると、目をやけどして見えなくなってしまう恐れがあります。太陽の観察をする時は、詳しい方と一緒に行ってください。 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。