ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 安全・防災 > 防災 > 災害に伴う県の主な支援制度情報|三春町

災害に伴う県の主な支援制度情報|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月27日更新

* 国の主な支援制度情報

* 町の主な支援制度情報

  県内自主避難者への借上げ住宅支援についてお知らせします。

県内自主避難者への借上げ住宅支援

 住宅全壊等による避難以外の自主避難者について、県内に避難した場合、県が主体となり借上げ住宅支援を実施することとなりました。

 対象となる場合、現在自己負担している家賃を、平成26年3月31日まで県が負担いたします。

 対象者及び条件等については次のとおりです。

対象者

 平成23年3月11日以降、平成24年11月1日までに県内に自主避難した世帯のうち、子どもまたは妊婦のいる世帯

 ※子ども又は妊婦のいる世帯とは、平成24年11月1日時点で、子ども(平成23年3月11日時点で18歳以下)または妊婦がいる世帯で、現在も避難している世帯に限ります。

借上げ住宅の条件

 ・現在お住まいの家賃が6万円以内(5人以上の世帯の場合9万円以内)

 ・耐震性が確保されていること

 ・借上げ住宅とすることを家主が了承していること

支援する入居期間

  受付日から平成26年3月31日まで

受付期限

  平成24年12月28日(金曜) ※受付は終了しました。

その他

 ・家賃の遡及はありません(県の家賃負担は、借上げ住宅申出書を市町村が受付した日から)

 ・市町村を越えて避難した場合で、放射線量の高い場所から低い場所への転居を対象とします。

 ・県外に避難している場合は対象外となります。(福島県独自の支援のため、県内避難に限る)

受付窓口

  三春町役場 総務課自治防災グループ (電話62-1114)

支援に関するお問い合わせ

  福島県生活環境部避難者支援課 024-521-8306

東日本大震災義援金

支援の概要

(第1次配分)

東日本大震災の被災者へ義援金が配分されます。

  • 住宅が全壊/1世帯あたり5万円
  • 住宅が半壊/1世帯あたり5万円

(第2次配分)

  • 住宅が全壊/1世帯あたり10万円
  • 住宅が半壊/1世帯あたり5万円

対象者

住宅が「半壊」、「大規模半壊」、「全壊」のいずれかのり災証明を受けた方

問合せ先/総務課自治防災グループ

▲このページの最初にもどる

住宅応急修理

支援の概要

災害により住宅が半壊し、自ら修理する資力のない世帯に対して、被災した住宅の日常生活に必要な最小限度の部分を応急的に修理した場合に支給されます。

  • 修理限度額/1世帯あたり52万円(同じ住宅に2世帯以上の場合は1世帯とみなす)

    ※受付は終了しました。

対象者

次のすべての要件を満たす世帯

  • 半壊又は大規模半壊の被害を受けた方 
  • 応急修理することにより、被災した住宅で生活することができると見込まれる方 
  • 応急仮設住宅(民間借上住宅を含む)を利用しない方 
  • 世帯収入が基準を満たす方

問合せ先/総務課自治防災グループ

▲このページの最初にもどる

▲このページの最初にもどる

*関連情報/ 国の支援制度情報町の支援制度情報