ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 防災行政無線デジタル戸別受信機の設置はお済ですか

防災行政無線デジタル戸別受信機の設置はお済ですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月14日更新

 町では、災害時の情報や行政に関する広報などを町民の皆さんにお知らせするため、防災行政無線放送を行っており、現在、各世帯及び事業所等へデジタル戸別受信機の設置を進めています。まだ設置していない場合は、ぜひ設置くださるようご協力をお願いいたします。

設置工事について  

工事請負業者

 株式会社日立国際電気 (指定工事会社 情報コネクト株式会社) 

工事内容

 業者が各家庭に出向き、実際に受信状況等を確認しながらデジタル戸別受信機を設置します。また、戸別受信機のみでは受信が十分でない場合は、屋外アンテナも設置します。 

 設置工事の詳細はこちら [PDFファイル/103KB]をご覧ください。

費用負担

 戸別受信機は町が無償で貸与するもので、その工事費は町が負担します。

設置を希望する場合

 不在者等へ配布した往復はがきを返信いただくか、指定工事会社(024-959-3007)または町総務課自治防災グループ(62-1114)へ連絡してください。

※離れや作業所がある場合など必要に応じて複数設置することもできます。

※季節や天候などにより受信電波が弱まり聞こえにくくなることがあります。屋外アンテナの設置が必要となる場合がありますのでご連絡ください。

防災行政無線の放送内容について

 防災行政無線放送は、緊急放送と定時放送があります。

緊急放送

・火災情報、地震・大雨・台風などの災害に関する情報(避難勧告等を含む)、気象警報発令のお知らせ、その他緊急事態に関する情報。

※防災行政無線は、国の全国瞬時警報システム(Jアラート)と連動しており、弾道ミサイル情報や緊急地震速報など、対処に時間的余裕がない緊急情報を伝達する手段となります。

定時放送

・音楽による時報(午前6時、正午、午後6時、午後9時)

・行政や学校行事等に関するお知らせ(午前7時30分及び午後7時30分)

防災行政無線のデジタル化について

・無線設備規則が改正され、現行のアナログ式防災行政無線設備が使用できなくなるため、早急に完全デジタル化を進める必要があります。

・デジタル化にあたり、これまでの難聴地域へ再送信子局を整備しており、難聴地域の解消が見込まれます。また、新しい受信機には録音機能がついています。(※緊急放送は自動的に録音されます。)

再生/録音ランプが赤点滅する場合

 録音メッセージがあると「再生/録音ランプ」が赤点滅します。録音された放送を聞くときは再生ボタンを押してください。メッセージを全て消去する場合は再生ボタンと録音ボタンを同時に2秒以上長押ししてください。詳しくは、配布の取扱説明書をご覧ください。

デジタル戸別受信機

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)