ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 『いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声』 11月は児童虐待防止推進月間です。

『いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声』 11月は児童虐待防止推進月間です。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月10日更新

 子育てにおいて、しつけと称して、叩いたり怒鳴ったりすることは、子どもの成長の助けにならないばかりか、悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

子どもを健やかに育むために

 ・子育てに体罰や暴言を使わない
 ・子どもが親に恐怖を持つとSOSを伝えられません
 ・爆発寸前のイライラをクールダウンさせましょう
 ・親自身がSOSを出しましょう

児童虐待とは

身体的虐待

 殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など

性的虐待

 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト

 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待

 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

子どもや保護者のこんなサインを見落としていませんか?

 ・いつも子どもの泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴り声がする
 ・子どもに不自然な傷や打撲がある
 ・子どもの衣類やからだがいつも汚れている
 ・小さい子どもを家においたまま外出している
 ・子どもの養育に関して拒否的、無関心である
 ・子どものけがについて不自然な説明をする

 児童虐待は、社会全体で解決すべき問題です。虐待を受けたと思われる子どもがいたら、ご自身が出産や子育てに悩んだら、児童相談所や子育て支援課にご相談ください。

jidougyakutaiboushi