ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公的個人認証サービス|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

公的個人認証サービスとは

 インターネットを通じて申請や届出といった行政手続きなどやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカードのICカードに記録することで利用が可能となります。電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があります。

*公的個人認証サービスポータルサイト

▲このページの最初にもどる

電子証明書の利用と申請について

1 署名用電子証明書
 インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。(例e-Tax等の電子申請)
 ○ 申請できる人/マイナンバーカードの交付を受けている15歳以上の町民
 ○ 申請に必要なもの/マイナンバーカード、公的な身分証明書(運転免許証、保険証等)
 ○ パスワード/6から16桁の英数字
 ○ 手数料/200円
 ○ 有効期限/発行の日後5回目の誕生日まで。氏名、住所等に変更が生じた場合自動的に失効します。新しい署名用
  電子証明書を発行した場合、その有効期間は利用者証明用電子証明書の有効期間と同じになります。

 2 利用者証明用電子証明書
 インターネットサイトや行政証明書のコンビニ交付を利用する際に利用します。
 ○ 申請できる人/マイナンバーカードの交付を受けている町民
 ○ 申請に必要なもの/マイナンバーカード、公的な身分証明書(運転免許証、保険証等)
 ○ パスワード/4桁の数字
 ○ 手数料/200円
 ○ 有効期限/発行の日後5回目の誕生日まで。氏名、住所等に変更が生じた場合でも失効はしません。 

 マイナンバーカードをお持ちでない方は、マイナンバーカードの交付申請を行ってください。

 ※自宅のパソコンから利用する際には、「利用者クライアントソフト」のインストールとICカードリーダライタが必要となりま 
 す。