ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金・保険 > 税金の種類 > 個人町民税(住民税)|三春町

個人町民税(住民税)|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月12日更新

 町民税(市町村民税)と県民税は、市町村が一括して賦課徴収いたします。これを併せて個人住民税といいます。

個人住民税(町民税・県民税)

納める人

 毎年1月1日の現況によって、次の人が納付します。

  • 町内に住所があり、前年中(1月から12月まで)に所得があった人/均等割+所得割
  • 町内に住所はないが、事務所または家屋敷がある人/均等割

 原則、1月1日現在、三春町に住民票(住民基本台帳)がある方が対象ですが、住民票がなくても実際に住んでいると認められる場合は、対象となります。

 前年1月から12月までの所得に応じて住民税の額が決定されますので、退職等により現在の収入が減少した場合でも課税されます。

納める税額

  • 均等割/ 年額 町民税3,500円、県民税2,500円 (県民税のうち森林環境税1,000円)
  • 所得割/ (前年中の所得-所得控除額)×税率(町6%、県4%)-税額控除 

※県民税の詳細については、福島県のホームページをご覧ください。


※福島県では、森林環境税を平成18年度から導入しております。詳しくは、福島県ホームページをご覧ください。

*福島県総務部税務課ホームページ  農林水産部森林計画課ホームページ

1.町民税が非課税になる場合

   (1)生活保護法による生活扶助を受給している方

   (2)障害者、未成年、寡婦、寡夫のいずれかの場合で、前年中の合計所得が125万円以下の方。

2.均等割が非課税になる場合

    前年中の合計所得が、

    28万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+(控配または扶養がいる場合:16万8千円)以下の方。

3.所得割が非課税になる場合

    前年中の合計所得が、

    35万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+(控配または扶養がいる場合:32万円)以下の方。

申告と納税

  • 申告/3月15日まで
            ※所得税の確定申告をした方は住民税申告は不要です。           

            ※年末調整をした給与所得者の方は申告不要です。  

  • 納税の方法/所得の種類に応じて、納税方法が異なります。

             状況によっては、すべての徴収方法を併用して納付する場合もあります。

納税義務者

納税の方法

給与所得者給与特別徴収/6月から翌年5月までの12回、毎月の給与から差引納付します。
自営業者など普 通 徴 収/年4回に分けて、直接納付します。(口座振替可)
年金所得者年金特別徴収/4月から翌年2月までの6回、支給される年金から差引納付します。

    *町税の納付

    *給与特別徴収の一斉指定について

▲このページの最初にもどる