ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町の施策 > 町の施策 > これまでの三春病院対策の経過|三春町

これまでの三春病院対策の経過|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

 

三春病院対策委員会の設置(平成17年4月)

 福島県は、平成17年3月28日「三春病院を廃止する」という方針を「行財政改革推進本部(本部長:知事)」で決定し、県立三春病院は廃止の対象になりました。
 この方針を受け町は、三春病院が果たしている地域医療の継続及び充実等について検討を行うため、町民代表等で構成する三春病院対策委員会(町長の諮問機関)を平成17年4月28日に設置しました。その検討結果に基づき具体的方策を実行してきました。

三春病院対策委員会の中間答申について

 三春病院対策委員会では、平成17年6月20日、町長に対して「三春病院の機能存続」についての中間答申を行いました。

*中間答申(PDF形式・8KB)
*三春病院対策委員会設置要綱(PDF形式・10KB)

▲このページの最初にもどる

県立三春病院廃止についての対処方針(平成17年6月)

中間答申を手渡す対策委員会の武田委員長、西山副委員長
中間答申を手渡す対策委員会の武田委員長、西山副委員長

 町は、町議会三春病院対策特別委員会及び三春病院対策委員会により、医療機能存続を検討した結果、平成17年6月29日に「県立三春病院を廃止する」という方針が実行される際には、病院が立地する町として、地域医療の確保を図るため「県立三春病院を町が引き受ける」という対処方針を決定しました。さらに平成17年7月1日に、県知事・副知事を訪問し対処方針を伝え、県へ今後必要な支援を要請しました。

*対処方針(PDF形式・8KB)

▲このページの最初にもどる

県立三春病院の移譲に関する合意書締結(平成17年12月)

 平成17年12月26日、町は福島県立三春病院の移譲に関し、施設及び設備の無償譲渡などについて福島県と合意書を交わしました。

合意事項

  1. 福島県は、三春病院を平成19年4月1日をもって三春町に移譲することとし、三春町は引き続き病院を経営し、地域医療の確保に努めるものとする。
  2. 福島県は、三春病院の移譲に当たり、現行の病院敷地、施設及び設備を三春町に無償譲渡するとともに、三春町が施設等の改修・整備を行う場合には、必要な支援を行うものとする。なお、支援の具体的内容及び支援額については、別途協議するものとする。
  3. 福島県は、移譲が円滑に行うことができるように、三春町に必要な助言及び協力を行うものとする。
  4. その他、三春病院の移譲に関して、必要に応じて別途協議するものとする。

▲このページの最初にもどる

町立三春病院の指定管理者の募集(平成18年3月)

 町では、平成19年4月に福島県から県立三春病院の移譲を受け、公設民営方式で当該病院の管理運営を行うため、指定管理者制度(※1)を導入することとし、指定管理者となる法人を次により公募しました。

*指定管理者の募集

用語解説
※1 指定管理者 これまで自治体では、一部の施設の管理運営を公的な団体に委託していましたが、法律の改正により民間団体にも委託することが可能になり、民間団体も公共サービスを代行できるようになりました。民間のノウハウを活かしたサービスの向上や行政コストの縮減が図られることが期待されています。

▲このページの最初にもどる

町立三春病院指定管理者選定検討会の設置(平成18年3月)

選定結果を報告する西山委員長選定結果を報告する西山委員長

 町立三春病院の管理運営を民間医療機関等へ委託するにあたり、厳正かつ公平に指定管理者についての選定を行うため、有識者5名で構成する町立三春病院指定管理者選定検討会を設置しました。

*三春病院指定管理者選定検討会設置要綱(PDF形式・8KB)

指定管理者選定検討会の選定結果報告

 町立三春病院指定管理者選定検討会では、平成18年5月22日、町長に対して「町立三春病院指定管理者候補法人の選定結果」についての報告を行いました。

*指定管理者の候補者の選定結果

▲このページの最初にもどる

町立三春病院の指定管理者の指定(平成18年5月)

鈴木町長と(財)星総合病院の星理事長
5月30日に三春町役場において、来年4月から三春病院の管理運営を任せる指定管理者に決定した郡山市の「(財)星総合病院」の星理事長に、指定管理者の指定書を交付しました。星理事長は、「指定管理者として一生懸命やりたい。町民のためになる病院づくりを進めていきたい。」とあいさつされました。

 町では、指定管理者選定検討会の審議結果を受け、5月30日の町議会の議決を経て、病院の指定管理者を郡山市の「財団法人星総合病院」に指定しました。なお、指定期間は平成19年4月1日から平成29年3月31日までの10年間となります。
 なお、新しい病院の診療機能等は次のとおりです。

  • 地域の中核病院として現在の診療科(内科・外科・産婦人科・小児科・整形外科・耳鼻咽喉科・眼科)、病棟機能、往診・訪問医療を維持し、地域から必要とされる医療を提供します。
  • 精神神経系の疾患に対応するため、心療内科(または精神科)を非常設科として新設します。
  • 高齢化に伴う尿失禁、前立腺障害等の疾病に対応するため、泌尿器科を非常設科として新設します。
  • 土曜日も診療を実施します。
  • 町保健センターとの連携や健康教育の実施など、地域の保健、福祉の向上に資するサービスを提供します。
  • 平成19年3月末時点で入院中の方は、引き続き入院できます。
  • 通院中の方も同様に引き続き受診できます。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)