ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

三春ダムと周辺施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月30日更新

三春ダム「さくら湖」

三春ダム
三春ダム「さくら湖」

 阿武隈川の支流大滝根川に建設された多目的ダムで、平成10年に竣工しました。

*国土交通省東北地方整備局三春ダム管理所ホームページ

▲このページの最初にもどる

三春ダム資料館

三春ダム資料館と春田大橋
三春ダム資料館と春田大橋

 ダムの役割や水質保全の仕組み、ダム周辺地域の紹介などを映像や模型を使って説明しています。また、見学者のための、休憩、喫茶軽食売店のコーナーもあります。(入館無料、休館日:年末年始、電話0247-62-8155)

▲このページの最初にもどる

展望広場

 ダム資料館から遊歩道を登ると展望広場となります。さくら湖や春田大橋など展望が楽しめ、さらに上段の西方館跡に登ると、眼下に郡山市街地を始め360度のパノラマが拡がります。

▲このページの最初にもどる

春田大橋

斜張橋「春田大橋」
斜張橋「春田大橋」

 長さ218m、幅9.75m、橋脚・主塔の高さが118mの斜張橋で、主塔の形状は「三春」の「春」をイメージして造られました。

▲このページの最初にもどる

三春滝桜

三春滝桜
三春滝桜

 国指定天然記念物。日本三大桜のひとつに数えられる巨木です。

*滝桜の詳細

▲このページの最初にもどる

さくら湖自然観察ステーション

さくら湖自然観察ステーション
さくら湖自然観察ステーション

 さくら湖周辺の自然環境を保全しながら、野鳥の観察や、植物・水生生物の観察、天体観測などを楽しみながら自然の重要性を学ぶことができる施設です。

*さくら湖自然観察ステーションホームページ

▲このページの最初にもどる

三春の里田園生活館

三春の里田園生活館
三春の里田園生活館

 新しい田園型のライフスタイルの創造を目的に、農園、コミュニティー、公園、研修の4つのゾーンを集めた総合施設。食事や宿泊施設、入浴施設も充実し、地元産の野菜が並ぶ「かご市」も好評です。

*三春の里田園生活館ホームページ

▲このページの最初にもどる

石畑水生生物観察園

石畑水生生物観察園
石畑水生生物観察園

 田園生活館の駐車場からさくら湖方面へ下るトンネルを抜けると、水と緑の風景が一面に広がります。園内はやわらかな起伏をもたせた自然に近い地形で、家族連れで自然とふれあうことができる施設です。

▲このページの最初にもどる

さくらの公園

さくらの公園
さくらの公園

 さくら湖面に八手のように張り出した地形を活かした公園で、20種類約3,000本の桜が全国からの寄付金により植栽されました。

 リンクマークさくらの公園とは

▲このページの最初にもどる

もみじ山公園

 三春ダムサイトの左岸に位置し、三春の秋にふさわしい「第1もみじ山」・「第2もみじ山」として整備が進められています。平成27年12月現在で、約1,200本のもみじが植栽されています。

▲このページの最初にもどる

狐田親水公園「親水護岸」

 水辺の植物や生き物など自然に親しみながら、ちょっと一服できる憩いの場として整備され、地元の方のゲートボール場もあります。

▲このページの最初にもどる

滝の平野外劇場「ピクニック広場」

 ダムサイトからさくら湖と春田大橋を挟んで対岸に位置し、夕暮れ時にはえも言われぬ美しさを楽しめる。このロケーションを背景とした野外劇場は、自然環境を満喫できる施設です。

▲このページの最初にもどる

柴原多目的運動場「サッカー・ラグビー練習場」

 ダムに流れ込む本流の大滝根川上部に位置し、以前、小中学校があり、地中には縄文時代の敷石住居址が多数発見された柴原A遺跡が保存されています。運動広場周辺にコミュニティー広場が併設され、地域住民の憩いの場・健康増進の場としての機能を兼ね備えた施設です。現在は、応急仮設住宅が建設されているため、使用できません。

▲このページの最初にもどる

貝山地区多目的運動広場「ビオトープ園」

 アーチェリー、ゲートボール練習場などのスポーツ・レクリエーション施設とともに、さくら湖のビオトープを利用した水生生物や野鳥の観察ができる施設です。現在は、応急仮設住宅が建設されているため、使用できません。

▲このページの最初にもどる

根本水辺の野鳥園(蛇石川前貯水池ビオトープ)

 水質浄化の実験施設としての浮島や水生植物等の植栽、さらに野鳥の観察ができ、自然の仕組みを身近に感じることができる施設です。