ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 高倉旭城の田村郡農家務精励図|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 高倉旭城の田村郡農家務精励図|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

高倉旭城の田村郡農家務精励図|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月1日更新

歴民コラム

高倉旭城の田村郡農家務精励概略図

 農家務精励図
 福島県田村郡農家務精励概略図(部分)

 常設展示中の明治時代に描かれた『福島県田村郡農家務精励概略図』(ふくしまけんたむらぐんのうかつとめせいれいがいりゃくず)は、6つの場面によって構成されています。上段には、ワラダを積み上げ、養蚕を営む人々の姿が描かれています。また、大きな葉を天日に干しているところからは、葉たばこ生産(栽培)の様子も伺えます。中段から下段にかけては、稲を収穫し、脱穀する様子が描かれており、家族もしくは近所同士で協力し合っている様子が見られます。 

 この作品を描いたのは、米沢出身の高倉旭城(たかくらきょくじょう)という絵師です。高倉旭城についてはほとんどわかっていませんが、どうやら河野広中の家に寄留し、三春で活動をしていたようです。もし旭城の絵を所蔵されている方や、旭城についての情報がありましたら、資料館の調査にご協力いただきたく、ご一報いただければ幸いです。 

 (2019年6月 高橋 朋子)