ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > トラコーマと慈恵眼病院構想|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > トラコーマと慈恵眼病院構想|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

トラコーマと慈恵眼病院構想|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月1日更新

歴民コラム

トラコーマと慈恵眼病院構想

  昔も今も、伝染病が怖いことに変わりはありません。明治時代の日本は、海外からもたらされたと思われる病気にも苦しめられました。

 福島県内で、眼病で失明する人が増え始めたのは、明治20年代ごろからでした。感染症の一種であるトラコーマ(ドイツ語ではトラホーム、顆粒性結膜炎)は、現在では十分に防げる眼病ですが、災害や凶作により衛生・栄養状態が良くなかった当時は、最悪の場合、失明を意味する病気であったのです。

 その後トラコーマは日本中で大流行し、明治42年の徴兵検査の記録では、福島県で検査を受けた若者の、実に45%がトラコーマと診断されたそうです。

 国立国会図書館の河野広中文書の中には、「東北トラホーム慈恵病院設立之趣意書」が残されており、明治35年に起きた風水害後、病院に行けない人々が増え、眼病が広がる状況が訴えられているのです。河野広中にも、専門の眼科病院設立を願う声が届けられていたことがわかります。

 この請願の中心となった、三春町丈六の眼科医・市川栄枝は、治療や予防法などを、自身の著作である『虎眼撲滅策』(大正4年刊)に残しています。

 トラコーマが根本的に治療できるようになったのは、戦後、抗生物質が使われるようになってからになります。市川は著作の中で自身を慈恵眼病院院長としていますが、詳しい文書は残されていません。この構想がどのように成立したのかを知りたいところです。

(2020年3月)

虎眼撲滅策市川栄枝著『虎眼撲滅策』