ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 歴史民俗資料館 > 三春人形「千歳(せんざい)」|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 歴史民俗資料館 > 三春人形「千歳(せんざい)」|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

三春人形「千歳(せんざい)」|歴民コラム|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月1日更新

  歴民コラム

三春人形「千歳(せんざい)」

 正月、能や歌舞伎などでは、「三番叟」と呼ばれる出し物がよく演じられます。その中で、最初に筥(はこ)を捧げ持って出てくるが「千歳」です。筥の中には、その後に舞う翁の面が入っています。

 この演目は、天下泰平、五穀豊穣を願うもので、出し物というよりは、これらを願う「儀式」に近いとも言われます。千歳は若さ(不老長寿)を、その後に舞う翁は、経験と知識とを積んだ老いを表すと考えられます。

 よく見ていただくと、千歳の人形はその衣装に若松文様が描かれています(これも年若いことを表す)。実は、人形の背中側には、松喰鶴文という吉祥文(おめでたいときに使われる文様)も描かれています。これは能や歌舞伎の衣装に則っていると思われ、江戸時代の三春人形工人が、これらの文様をきちんと再現していることがわかります。

 三春でもお正月飾りの松を山から迎えてくる習わしがあり(松迎え)、お正月様の依り代(よりしろ)として、山から持ち帰られた松は丁重に扱われました。雪の中でも緑色の葉を落とさない松は、大地の力を湛え、春の恵みを約束する木であったに違いありません。

すっと背を伸ばし、これから成長する可能性を箱の中に捧げ持っている「千歳」は、まさに山から迎えられた松の若木の化身なのかもしれません。

(2020年1月)

三春人形正面 三春人形「千歳(せんざい)」(館蔵)

三春人形背面