ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

図書館おすすめ本リスト(招き猫の日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月2日更新

猫好きさんにおすすめ! 猫の本

9月29日は「招き猫の日」です。
ミステリアスでお茶目できまぐれで…猫には他の動物とは違った、不思議な魅力があります。
そのせいか、猫を題材にしたり、主人公にしたりする本の数は、とても多いようです。
今回は、その中から特に図書館おすすめのものをご紹介します。

猫を知るには、この本!

分類番号

書  名

著者・出版社

出版年

645/ベ

ネコ学入門

クレア・ベサント∥著 築地書館

2015

 猫は気まぐれ、とよく言われます。この本では、猫の心理や生物学的な事実から、どうして「気まぐれ」な行動をするのかを解説しています。猫と仲良くするコツなど、すぐにやってみたくなる情報も。猫がどんな動物なのかを深く知りたい方におすすめの一冊です。

R645/フ

新猫種大図鑑

ブルース・フォーグル∥著 ペットライフ社

2004

 世界中の猫の種類の紹介はもちろん、猫の生態から猫と芸術の歴史など、猫全般についての知識を、豊富な資料や写真とともに解説した図鑑です。猫について調べたい時はもちろん、美しい写真を眺めているだけでも楽しい一冊です。

645/フ 

猫の事典

ステファーヌ・フラッティーニ∥著 学研

2002

 猫の飼い方から品種の紹介、猫と人間の関わりの歴史まで、猫に関する情報を集めた事典です。カラー写真が豊富でわかりやすく、気軽に読める一冊です。

 

ほんとにいた猫…ノンフィクションから

分類番号

書  名

著者・出版社

出版年

645 マ

図書館ねこデューイ

ヴィッキー・マイロン∥著 早川書房

2008

 冬の朝、アメリカの小さな町の図書館で救出された瀕死の子猫。デューイと名付けられ図書館で飼われることになり、やがて世界で知られる「図書館猫」となっていきます。 
 図書館司書だった著者は、デューイと深い愛情で結ばれた飼い主でもありました。一匹の猫がどれほど人々の心を豊かにしたか、愛情をこめて綴られています。

636 ボ

ボブという名のストリート・キャット

ジェームズ・ボーエン∥著 辰巳出版

2013

 様々な困難にあい、ホームレスとなってしまった青年ジェームズ。そんな彼の前に、一匹の野良猫が現れます。ボブと名付けられた猫は、ジェームズの行くところにはどこにでもついて行き、どんな時にも寄り添い続けます。そんなボブと暮らすうちに、ジェームズの心境に変化が生まれ…。
 読みやすいのに説得力があり、素直に感動できる一冊です。

化け猫、招き猫・・・不思議な力を持つ猫

分類番号

書  名

著者・出版社

出版年

387 フ

幸せの招き猫

藤田  一咲/村上  瑪論∥著 河出書房新社

1995

 一冊まるごと招き猫についての本です。招き猫の歴史はもちろん、信仰との関係の考察や素材のバリエーションまで、豊富な写真とともに紹介しています。招き猫といっても、姿かたちは様々で驚かされますが、どれもどこかユーモラスで優しさがあるのが不思議です。町中の招き猫を探したくなってくる一冊です。

L212 ミ

三春猫騒動−お家騒動から怪談へ− 

三春町歴史民俗資料館∥編 三春町歴史民俗資料館

2014

 2014年に三春町歴史民俗資料館で開催された、特別展の図録です。猫騒動とは、三春に伝わる怪談です。江戸時代、無実の罪で切腹させられた藩士の怨念が化け猫となり、切腹に追いやった家老の一族にたたり続けた、というもの。
 この図録では、背景となった三春の「お家騒動」についての資料の紹介や、登場人物と時代について、どのように「怪談」となっていったかについてなどを解説しています。少し恐ろしい、三春の化け猫に触れてみませんか?

914 チ

ちょっと怖くて不思議な猫の話

北嶋  広敏∥〔編〕著 太陽企画出版

2001

江戸時代に書かれたさまざまな随筆などから、猫にまつわる不思議な話を集めた一冊です。しゃべる猫、大鼠と死闘を繰り広げる猫、狐と散歩に出かける猫、夜な夜な縁側で踊る猫、などなど…一つ一つの話は数行から2・3ページと短いですが、想像力をかきたてるものがたくさん。妖怪好きの方にもお勧めです。

 

おすすめ!猫のえほん

書  名

著者・出版社

出版年

E ム

おなかのかわ

瀬田 貞二∥再話 村山 知義∥絵 福音館書店

1980

 けちんぼの猫は、オウムが出してくれたごちそうにも満足できず、オウムを「ぺろり ごくん」と飲みこんでしまいます。そのあとは出会ったおばあさんやロバ、王様の行列まで丸飲みに。さて、最後に飲み込んだのは何でしょう?
 味わいのある絵と、ラストへ向けてエスカレートしていくお話がマッチしていて、子どもも大人も理屈抜きで楽しめる絵本だと思います。

E グ

ねこねここねこ

ブルノー・ホルスト・ブル∥文 ヤーヌシ・グラビアンスキー∥絵 偕成社

1977

国際的な絵本画家であるグラビアンスキーの傑作絵本です。猫の細かい動きまでが想像できるような、生き生きとした絵に、詩的でかわいらしい短文が添えられていて、画集のようでもあります。1ページずつ、味わって読みたい一冊です。

LE ワ

くろねこカックン

かわな 静∥作 渡辺 あきお∥絵 銀の鈴社

2010

 おばあちゃんのうちのカックンは、つやつやした黒猫。おばあちゃんは白い猫が好きだといって、うちに入れてくれないので、物置をねぐらにしていました。ある日、物置の前で鳴いている子猫を見つけたカックンは…。
 三春町出身の渡辺あきおさんが絵を描いています。