ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 町民図書館 > 図書館調べものガイドNo.18(こころの健康)
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 町民図書館 > 図書館調べものガイドNo.18(こころの健康)
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

図書館調べものガイドNo.18(こころの健康)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

調べよう!こころの健康

 調べものガイドでは、当館の資料などを使って、テーマに沿った資料や情報を集める方法をご紹介しています。みなさまの知りたいことを調べる一助として、また読書案内としてご活用ください。
 今年度第3弾は「こころの健康」をテーマにご紹介します。

印刷用・PDFファイル

調べものガイドNo.18 こころの健康 [PDFファイル/865KB]

1.調べる時のキーワードは?

 図書館や、インターネットなどで調べるときのおすすめキーワードです。

 メンタルヘルス、メンタルケア、ストレス、心の病気、精神医学、リラックス、休息、リフレッシュ、カウンセリング……など 

2.図書館の資料を探しましょう

1.下調べ―用語を確認しましょう

  基本的な用語の意味がよくわからないときは、百科事典などを引いて、用語の意味を確認してみましょう。調べたいテーマの手がかりが得られる場合も多いものです。

  •   『南山堂医学大辞典』(南山堂 2015年)
     →医学用語の辞典です。

  •  『家庭医学大全科 六訂版』(法研 2010)
     →病気について、症状や病名から調べることができる医学書です。第4章「心の病気」では、主要な心の病気について、原因や症状、治療法について記載されています。

2.蔵書検索端末を使ってみましょう

館内にある蔵書検索端末で、当館の資料を調べることができます。上に挙げたようなキーワードや、本のタイトル、本を書いた著者の名前などから検索できます。
 また、当館のホームページでも検索できます。

 使い方が分からないなど、ご質問がありましたら、お気軽に職員までおたずねください。

蔵書検索端末のようす

3.雑誌を探してみましょう

 参考になりそうな雑誌として、当館は以下を所蔵しています。1年分のバックナンバーもありますので、ご活用ください。

  • きょうの健康 NHK出版 月刊 
  • 健康 主婦の友社 月刊  

4.本棚を見てみましょう

図書館の本の背ラベルには、その本のテーマを示す分類記号がついています。
図書館の本棚はこの分類記号ごとに並んでいます。
下にあげた分類記号の本棚で、参考になりそうな資料を探してみてください。

分類記号画像

 

テーマ

わかること

146

 臨床心理学、精神分析学

カウンセリング等、心理療法についてなど

368

社会病理

自殺防止についてなど

493.7

神経科学・精神医学

心の病気について

498.8

労働衛生、産業衛生

職場の「うつ」についてなど

5.図書館おすすめの資料  

分類番号

書  名

著 者・出版者

出版年

146/マ

ストレスをためない技術

松島 直也‖著

2012

ストレスとの上手な付き合い方を紹介した本です。ストレスとの付き合い方には「ストレスの正体を知る」「気持ちの整え方を知る」「ストレスを自分の成長につなげる」の三つの段階があるそうです。すぐ取り組めるようなコツも満載です。

K14/ク

心は前を向いている 

串崎 真志‖著

2013

 ポジティブさとネガティブさは、誰でも両方持っていると思います。この本では、さまざまな実験結果から、基本的にヒトの脳はポジティブな「前向き脳」である、と解説しています。辛い思いをしている方も、前を向く秘訣がつかめるかもしれません。

493.9/ホ/

気づいて!こどもの心のSOS

星野 仁彦‖著

2006

 子どもたちの心の病について、主要な病気ごとに、気を付けるべき子どもの行動・サインや、サポート方法などを解説しています。

3.インターネットで調べてみましょう

インターネット上の情報は、気軽に探すことができ、新しい情報も豊富です。情報の発信元をチェックするなど、信頼性を確認しながら賢く使いましょう。ここでは、関連機関のホームページからいくつかご紹介します。

     厚生労働省のホームページです。心の健康や病気、支援・サービスに関する情報がまとめられています。

     福島市にある、心の健康と精神障がい者福祉の専門機関のホームページです。

     福島県のホームページです。困りごとを相談できる窓口の電話番号がまとめられています。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)