ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

要田まちづくり協会|地区会報

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

地区会報

かなめたの名木マップ

かなめたの名木マップかなめたの名木マップ


*かなめたの名木マップ(表)(PDF形式・327KB)

*かなめたの名木マップ(裏)(PDF形式・716KB)


要田の神社

*要田の神社(PDF形式・2,534KB)

▲このページの最初にもどる

地域トピックス(平成22年度実施事業)

健康づくり事業光ファイバ実証実験に参加

事業説明会のようす事業説明会のようす

 要田地区のひまわり学級のみなさんは、町で実施しているテレビ電話や歩数計などを利用した健康づくりの実証実験事業に参加しています。 参加いただいているみなさんには、それぞれ歩数計を持っていただき、日頃からどのくらい歩いているのか歩数をデータとして登録いただくとともに、血圧や体重も登録してもらっています。
 歩数計を持つことで、日頃から自分がどのくらい歩いているのか把握できるようになったことで、参加しているみなさんは、「今日はちょっと、いつもより歩いていないので、少し歩いてこようかと思うようになった」、「たくさん歩いた日と歩かなかった日が自分で分かるようになった」、「夫婦で夜に歩数を確認する際にどちらが多く歩いたか、話題になるようになった」などと話されていました。
 これから数か月間、歩数計やテレビ電話を活用した健康づくりの事業が、試験的に行われていくことなります。
ひまわり学級のみなさんがこの事業を通し、自らの健康に気を付けることで、より元気に活動されるようになっていただければよいですね。

畑いっぱいのひまわりを

北成田のひまわり畑北成田のひまわり畑

 要田の北成田地区では、農地が荒れるのを防ぐため、中山間地域直接支払制度事業の一環として平成17年から景観作物の栽培を行っています。場所は、北成田字殿之内地内(北保育所南側)で約30アールの畑一面にひまわりとコスモスが植えられ、黄色とピンクで彩られた大きな花畑を見ることができ、地域のみなさんや訪れる方の目を楽しませています。
 昨年までは、コスモスのみでしたが、今年から、ひまわりも植えるようになったそうです。5月14日には、種まきが行われ、6月20日には北成田地区約60名のみなさんで、ひまわり2,000本、コスモス2,000株の苗の移し替えを行ったそうです。 黄色で覆われた畑いっぱいのひまわりは、夏の暑い日差しのなか元気に育っています。
 ひまわり畑の近くには、地元で親しまれている桜の木もあり、春は桜、夏はひまわり、秋はコスモスと季節を通して楽しむことができます。今後も続けていく予定であるとのことでしたので、ぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

新たなつながり

要田中学校によるよさこい要田中学校によるよさこい

 要田まちづくり協会では、地域のまちづくり活動に中学生の意見を取り入れ、よりよいまちづくりを進めようと、要田中学校生徒会との懇談を行いました。
 この懇談会がきっかけとなり、今年の要田地区敬老会では要田中学校の「よさこい」が披露され、地域と中学校との新たなつながりが生まれました。

要田の歴史探索(三春城と熊耳館)

 三春町より旧国道288号線を田村市船引へ向かうと、要田駅方面へ分岐する交差点があります。この北西の大きな丘が熊耳館(くまがみたて)です。この館跡は、三春城から最も近い館のひとつで、規模も大きく、三春城を防衛する上で重要な支城です。江戸時代の相馬街道は、三春を出て、この館の麓をぐるりと迂回して相馬へ向かっており、戦国時代も同じ道筋だったと推測されます。
 丘の上には、広い平場があり、平場を区切る深さ2mを超える大きな堀切も2箇所に残っています。近くには、南北朝時代の年号の記された石製供養塔がふたつ残されており、その頃からこの地の中心的な場であったと想像されます。
 江戸時代に館跡を調査した記録に、熊耳館は「舘主熊耳太郎衛門」とあります。この熊耳氏について、江戸時代の歴史書には、田村清顕が家督相続する際に、熊耳掃部助らを旗下に属させたとあります。そして、天正16(1588)年に岩代町の宮森城に在陣した伊達政宗のもとへ挨拶にいった田村家臣の中に熊耳氏がいます。さらに、清顕の死後、家臣団の結束を固めるために作られた連判状と考えられる文書には、御幕下面々のひとりとして「熊耳又十郎」の名をみることができ、当時は田村家臣団一員あったことがわかります。
 こうしたことから、南北朝時代から、この地域を治めていた領主が、田村氏の最盛期である清顕の時代に、田村氏の家臣となり、その居館も三春城の支城のひとつとして利用されたと考えられます。現在は農地として利用されています。

・参考資料(田村四十八舘を歩く〔6〕―WEB資料館―三春歴史民族資料館

熊耳跡の風景熊耳館跡の風景

問い合わせ先 要田まちづくり協会
 〒963-7704 三春町大字熊耳字大平1 要田地区交流館大平荘
 電話:0247-62-6472 E-メール:kanameta.k@dolphin.ocn.ne.jp

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)