本文までスキップする

現在地

令和4年4月から、不妊治療が保険適用されます。

印刷

体外受精などの基本治療はすべて保険適用されます

国の審議会(中央社会保険医療協議会)で審議された結果、一般不妊治療、生殖補助医療が保険適用されます。

年齢・回数の要件(体外受精)はこれまでと変更ありません

初めての治療開始時点の女性の年齢
 40歳未満:通算6回まで(1子ごとに)
 40歳以上43歳未満:通算3回まで(1子ごとに)

リーフレット(表)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課 母子保健グループ

〒963-7796 福島県田村郡三春町字大町1番地の2
Tel:0247-62-0055  Fax:0247-62-3232

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
get adobe reader

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

トップに戻る