ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土地の開発行為・取引|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

土地の開発行為

 開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設を目的とした、土地の区画形質の変更をいいます。

  • 都市計画区域では3,000平方メートル以上、都市計画区域外でも10,000平方メートル以上の開発行為をしようとする場合は、都市計画法第29条第1項または第2項の規定により、知事の許可が必要になります。

▲このページの最初にもどる

大規模な土地の取引

  • 一定面積以上の大規模な土地の取引には、国土利用計画法に基づく届出が必要です。
  • 都市計画区域では5,000平方メートル以上、都市計画区域外でも10,000平方メートル以上の大規模な土地の取引をしようとする場合は、届出が必要となります。