ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町の施策 > 各種委員会・町議会 > 平成15年9月三春町議会定例会会議録

平成15年9月三春町議会定例会会議録

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

平成15年三春町告示第65号

平成15年9月三春町議会定例会を、次のとおり招集する。

平成15年8月13日
三春町長 伊 藤 寛

1.期 日 平成15年8月22日(金曜日)午前10時
2.場 所 三春町議会議場

平成15年8月22日、三春町議会9月定例会を三春町議会議場に招集した。
1、応招議員・不応招議員
1)応招議員(19名)
1番 萬 年 智
2番 村 上 瑞 夫
3番 渡 辺 勝 雄
4番 儀 同 公 治
5番 栗 山 喜 一
6番 佐久間 茂
7番 三 瓶 正 栄
8番 五十嵐 信 安
9番 上 石 直 寿
10番 渡 辺 渡
11番 橋 本 敏 昭
12番 渡 辺 泰 譽
13番 柳 沼 一 男
14番 渡 辺 和 明
15番 欠 番
16番 加 藤 徳 治
17番 新 田 正 光
18番 渡 辺 正 恆
19番 本 多 一 安
20番 鈴 木 義 孝
2)不応招議員(なし)

2、会議に付した事件は次のとおりである。
議案第56号 消防ポンプ自動車購入契約について
議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
議案第58号 平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について
議案第59号 平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について
議案第60号 平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算 (第1号)について
議案第61号 平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について
議案第62号 平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について
議案第63号 平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について
議案第64号 平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
議案第65号 平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
議案第66号 平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
議案第67号 平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について
議案第68号 平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について
議案第69号 平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について
議案第70号 平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について
議案第71号 平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について

平成15年8月22日(金曜日)
1、出席議員は次のとおりである。
1番 萬 年 智
2番 村 上 瑞 夫
3番 渡 辺 勝 雄
4番 儀 同 公 治
5番 栗 山 喜 一
6番 佐久間 茂
7番 三 瓶 正 栄
8番 五十嵐 信 安
9番 上 石 直 寿
10番 渡 辺 渡
11番 橋 本 敏 昭
12番 渡 辺 泰 譽
13番 柳 沼 一 男
14番 渡 辺 和 明
15番 欠 番
16番 加 藤 徳 治
17番 新 田 正 光
18番 渡 辺 正 恆
19番 本 多 一 安
20番 鈴 木 義 孝

2、欠席議員は次のとおりである。
なし

3、職務のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
事 務 局 長 市 川 昌 勝 書記 今 泉 喜 徳

4、地方自治法第 121条の規定により説明のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
町 長 伊 藤 寛
助 役 橋 本 健 夫
代表監査委員 園 部 甲 三

○総務部門
部門総括 参事(助役兼任) 橋 本 健 夫
部門総括兼総務担当 総括主幹 湯 峰 初 夫
財政・企画担当 総括主幹 橋 本 国 春

○町民生活部門
部門総括 参事(助役兼任)橋 本 健 夫
部門総括兼生活環境担当 総括主幹 佐久間 正 生
町民担当 総括主幹 織 田 芳 子
税務担当 総括主幹 影 山 常 光
保健福祉担当 総括主幹 村 上 正 義
敬老園担当 総括主幹 真 壁 岩 友

○事業部門
部門総括 参与 小手川 征三郎
部門総括兼市街地整備兼農林振興担当 総括主幹 深 谷 茂
地域整備担当 総括主幹松 本 正 幸
農業委員会 会長 影 山 修 一
農業委員会事務局 事務局長大 内 馨

○企業局
部門総括 管理者(職務代理者)局長(総括主幹) 遠 藤 誠 作

○収入役の補助事務会計担当
会 計 総括主幹 橋 本 光 家

○教育委員会
教育委員 委員長 深 谷 信 吾
部門総括兼学校教育担当 教育次長(総括主幹) 田 中 金 弥
交流館担当 総括主幹 原 毅
部門総括 教育長 前 田 昌 徹

5、議事日程は次のとおりである。
議事日程第1号 平成15年8月22日(金曜日) 午前9時30分開会
第 1 会議録署名議員の指名
第 2 会期の決定
第 3 諸般の報告
第 4 議案の提出(一括上程)
第 5 町長挨拶並びに提案理由の説明
第 6 議案の質疑
第 7 監査報告
第 8 議案の委員会付託

6、会議次第は次のとおりである。
(開会 午前9時28分)
【開 会 宣 言】

○議長 ただいまの出席議員は19名であります。
定足数に達しておりますので、平成15年三春町議会9月定例会を開会いたします。
ただちに本日の会議を開きます。

【会議録署名議員の指名】

○議長 日程第1により、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員は、会議規則第113条の規定により、5番、栗山喜一君、6番、佐久間茂君のご両名を指名いたします。

【会 期 の 決 定】

○議長 日程第2により、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
本定例会の会期は、本日より8月29日までの8日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって本定例会の会期は、本日より8月29日までの8日間と決定いたしました。
なお、会期日程につきましては、お手元に通知しました日程表のとおりとしますのでご了承を願います。

【諸 般 の 報 告】

○議長 日程第3により、諸般の報告をいたします。
出納検査の結果について
監査委員より、平成15年度第3回、4回、5回の例月出納検査報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

【議 案 の 提 出】

○議長 日程第4により、議案の提出を行います。
提出議案は、お手元にお配りいたしました、議案第56号、「消防ポンプ自動車購入契約について」から議案第71号、「平成 14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について」までの16議案であります。

【町長挨拶並びに提案理由の説明】

○議長 日程第5により、町長挨拶並びに提案理由の説明を求めます。
伊藤町長!
○町長 9月定例会の開会にあたりましてご挨拶と提出議案のご説明を申し上げます。
9月定例会の主要な議案は、決算の認定をいただくことであります。従来の官庁会計システムでは、予算の消化状況のチェック程度にとどまらざるを得ず、それ以上に踏み込んだ審査は困難であったかと思います。しかし、決算分析に基づく行政評価が新しい政策を考えていく上で大変重要なことでありまして、予算の議決よりも決算の認定のほうを、議会としては重んじるべきであるという意見がございます。私もそれには同感でありまして、そのためには、まず私ども執行側に行政評価資料の提出が義務づけられるわけであります。
昨年の9月定例会では、来年はそれに間に合わせて実現したいとお約束したように記憶しておりますが、今回もそのお約束を十分果たすことができませんでした。まことに申し訳ないこととお詫びをいたします。
その原因は、新しい行政マネージメントの導入がなかなか軌道に乗りがたいという状況によるものであります。今後の重要な行政課題として今後とも議会の皆様がたのご指導をよろしくお願いいたしたいと思います。
次に提出議案のご説明を申し上げます。
(別紙議案説明書のとおり)
慎重ご審議のうえ、議決並びに認定いただきますようにお願いをいたしまして、ご挨拶といたします。

【議 案 の 質 疑】

○議長 日程第6により、会議規則第37条の規定により、提出議案に対する質疑を行います。
これは議案第56号から議案第71号までの提案理由の説明に対する質疑であります。
議案第56号、「消防ポンプ自動車購入契約について」を議題とします。
これより質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第57号、「人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて」を議題とします。
これより質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第58号、「平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第59号、「平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第60号、「平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算 (第1号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第61号、「平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第62号、「平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について」を議題とします。
資本的収入支出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第63号、「平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第64号、「平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第65号、「平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第66号、「平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第67号、「平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第68号、「平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第69号、「平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入歳出、資本的収入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第70号、「平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入歳出、資本的収入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 議案第71号、「平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入支出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)

【監 査 報 告】

○議長 日程第7により、監査報告について
監査委員から、平成14年度に関する各種会計決算審査の意見についての報告を求めます。
園部監査委員!
○園部監査委員 (別紙意見書を報告)

【議 案 の 委 員 会 付 託】

○議長 日程第8により、議案の委員会付託を行います。
ただいま、議題となっております「議案第56号から議案第71号まで」は、お手元に配りしました議案付託表のとおり、各常任委員会に付託することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、各常任委員会にそれぞれ付託することに決定しました。
なお、付託以外の議案についても、各常任委員会において審査されるようお願いいたします。

【報告事項について】

○議長 日程第9 報告事項について
報告第1号、平成14年度三春町事務概況報告について
報告第2号、平成14年度三春町土地取得基金運用状況報告について
報告第3号、平成14年度三春町物品調達基金運用状況報告について
報告第4号、平成14年度三春町国民年金印紙購入基金運用状況報告について
報告第5号、平成14年度三春町高額療養費貸付基金運用状況報告について
報告第6号、平成14年度三春町刊行物等管理基金運用状況報告について
報告第7号、平成14年度三春町第三セクターの経営状況報告について
報告第8号、平成14年度三春町水道事業会計継続費精算報告書について
報告第9号、平成14年度三春町下水道事業等会計継続費精算報告書について
町長より報告がありましたので、お手元に配付しておきましたのでご了承願います。

【 散 会 宣 言 】

○議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
これにて散会します。
ご苦労様でした。
(散会 午前9時52分)

平成15年8月25日(月曜日)
1、出席議員は次のとおりである。
1番 萬 年 智
2番 村 上 瑞 夫
3番 渡 辺 勝 雄
4番 儀 同 公 治
5番 栗 山 喜 一
6番 佐久間 茂
7番 三 瓶 正 栄
8番 五十嵐 信 安
9番 上 石 直 寿
10番 渡 辺 渡
11番 橋 本 敏 昭
12番 渡 辺 泰 譽
13番 柳 沼 一 男
14番 渡 辺 和 明
15番 欠 番
16番 加 藤 徳 治
17番 新 田 正 光
18番 渡 辺 正 恆
19番 本 多 一 安
20番 鈴 木 義 孝

2、欠席議員は次のとおりである。
なし

3、職務のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
事 務 局 長 市 川 昌 勝 書 記 今 泉 喜 徳

4、地方自治法第 121条の規定により説明のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
町 長 伊 藤 寛
助 役 橋 本 健 夫
代表監査委員 園 部 甲 三

○総務部門
部門総括 参事(助役兼任)橋 本 健 夫
部門総括兼総務担当 総括主幹 湯 峰 初 夫
財政・企画担当 総括主幹 橋 本 国 春

○町民生活部門
部門総括 参事(助役兼任)橋 本 健 夫
部門総括兼生活環境担当 総括主幹 佐久間 正 生
町民担当 総括主幹 織 田 芳 子
税務担当 総括主幹 影 山 常 光
保健福祉担当 総括主幹 村 上 正 義
敬老園担当 総括主幹 真 壁 岩 友

○事業部門
部門総括 参与小手川 征三郎
部門総括兼市街地整備兼農林振興担当 総括主幹 深 谷 茂
地域整備担当 総括主幹 松 本 正 幸
農業委員会 会長 影 山 修 一
農業委員会事務局 事務局長 大 内 馨

○企業局
部門総括 管理者(職務代理者)局長(総括主幹)遠 藤 誠 作

○収入役の補助事務会計担当
会 計 総括主幹 橋 本 光 家

○教育委員会
教育委員 委員長 深 谷 信 吾
部門総括兼学校教育担当 教育次長(総括主幹) 田 中 金 弥
交流館担当 総括主幹 原 毅
部門総括 教育長 前 田 昌 徹

5、議事日程は次のとおりである。
議事日程第2号 平成15年8月25日(月曜日) 午前10時00分開会
第 1 一般質問

6、会議次第は次のとおりである。
(開会 午前10時03分)

【開 会 宣 言】

○議長 ただいまの出席議員は19名であります。
定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

【一 般 質 問】

○議長 日程第1により一般質問を行います。
議会の申し合わせにより、一般質問は、質問席において、一問一答により行います。
質問の全体時間は、再々質問まで30分以内の時間制限であります。
通告による質問を順次許します。
17番、新田正光君、質問席に登壇願います。
第1の質問を許します。
〇17番(新田正光君) 通告しました第1の質問を行います。それ以前に、この一般質問が町長にとりまして最後の質問になろうかと思います。そういう点で政策的な突っ込み、それは極力避けて、今までありました実務担当者としてその結果状況についてお知らせいただくと同時に、これからの方向まで暗示といいますか、そういう点でお願いしたいと思います。本来ならここでお礼の言葉でも申し上げるべきところなんですが、そういう点で私の一般質問はしたいと思います。
質問の第1は、地方交付税減額が始まって以来の町財政の傾向の変化と町の対策についてであります。去る7月22日、平成15年の地方交付税の交付額が新聞等で発表されました。これは、一昨年来の課題となっている減額でありまして、総額は9%減の21億295万7千円、こういうふうになっております。
このほかに、後で今回の補正でわかったところでありますが、いわゆる建設費等に対するものが、交付金が2億と入っておりました。合計では23億295万7千円という状態で、今年の交付税額が決定しました。この状況を見ますと、先日の監査のほうの報告でもありましたが、従来の盛んなりしころは27億、28億という交付税がきておったわけであります。
ところが現在時点でそれ23億なにがし、これが減額になったわけでありますが、このことによります町政の影響ですね、これをお聞きしたいものなのであります。
これは総額60億1,200万の今年の予算の状況から見ますと、甚だ比率の大きいものでありますし、過去2年間と今年と、この臨時財政対策債で措置されているわけですが、これは本当に大きな比率を占める問題だと思います。この臨時財政対策債で今年度、15年度まで含めますと、これもやはり数億になる。こういう大きなのが政治的なものによって債務としてきているわけであります。
数年後には、状況によりましてその分が補填されるんだと、交付金で、そういうことを言っておりますが、果たして半信半疑でありまして、そういうところはすこぶる不安感を持ちます。
このことにつきましてですね、もう3年目に入るわけですが、減額措置が取られて以来町の財政はどんなふうに変わってきたであろうか。これを単に町長だけでなくて、この分野に当たってきました実務担当者、近座におりますかたで、そういうところでもひとつお教え願いたいと思います。
わが町では合併討論の際にシミュレーションをつくり、そして平成18年には予定が16億何千万かになろうというような、こういうシミュレーションも示されております。このことからすれば、まだちょっと20億台にあるということはちっとほっとするものを感じるわけですが、やはりそれでも大きな比率で債務というような形で負担がかかってきているんでないかとこう考えるわけであります。
減額された部分は財政対策債で賄われるが、交付金のときとどう違ってくるのだろうか。一つはまず債務なので、この間の利息はどうなのか。さらに、起債制限比率等の統計的な比率の対象になるのかどうなのか。あとは、数年後には交付税措置で解消されるというが、その、何といいますか、確実性というか、そういったものはどうなのか、この政治的な見通しですね。
次に、財政そのものが町では税収が今年からはっきりと減っております。1億2千万程度の減額がなされました。このことにつきまして、当然なら基準財政需要額があり、それから基準財政収入額がある。そうすると収入額が減ったわけですから基準財政需要額でその分が増えて、交付金が増えるべきなんでありますね。
ところが、それ、ぶっきり措置といいますか、9%減ですか、そういう中で減額になっている。こういうことは、これからの財政にどう見通しを与えるのか。また、当年度内に交付される、従来は交付金ですから、その年度でやったんですが、なんだかそのことによって空手形を与えられてるような感じを持たざるを得ないんであります。そういうところの確実性の問題ですね。
次に、合併しないで、先ほどのようなシミュレーションの中でこれから財政を支えていく。そういう点では何か町長のあれですが、去るもいばら、残るもいばらという感じ持つわけですが、どのような方策が全体的には考えられているのか、こういうところをお聞きしたいわけであります。
この中で、もろもろの町の事業が組まれるわけですが、経済そのものが困難になってきている。そうしますと、起債していく、合併、この財政特例債ですか、これでするにしても借金等に障害が出てこないのかどうかというような問題、わが町は比較的ぐんと起債制限措置が高いほうな町村に属しております。そういう中でまた借金するというようなことでですね、金融関係とかなんかからの障害は出てこないのかどうか、こういうことをお聞きしたいわけであります。
この中で事業が組まれるわけですが、それぞれ学校とか地域のいろいろな施設につきましても、老朽化が進むものがあります。こういう点で、これからの陣容として建設みたいなものの観点ですね、これはどのように抑えるべきか、お考えをお聞きしたいと思うものであります。以上であります。

○議長 第1の質問に対する当局の答弁を求めます。
伊藤町長!
〇町長 地方交付税制度についての細かい具体的なご質問でありますので、ご指摘のとおり実務者の立場で答弁を申し上げ、必要に応じて最後に若干コメントがあれば私のほうからコメント申し上げるということにいたしたいと思います。
○議長 橋本助役
〇助役 総務部門の参事も兼務しておりますので、そういう立場からお答えを申し上げます。
ひとつ、経常時に比べうんぬんということがありますが、経常時というのはどういうことなのかちょっと解釈ができません。
それから、ご承知のように地方交付税というのは経常的なものを対処する事業と、それから事業費補正といいまして、建設によってそれに対する事業費を見込んだ制度と、こういうふうになっておりますので、多分27、8億、これ、いわゆる大変景気のいい時代、それとあいまって三春町としても学校建築やらその他の建築事業をさらに進めたときでありまして、そういうときは事業費補正の中にある対象事業費は含まれるわけであります。
ですから、一概に地方交付税というのは普通変わらないんだということは、そんなことはございません。今、確かに17番議員が申されましたように、本年度は前年度に比べて約9%減でありまして、そのほかプラスアルファーが出たわけであります。
一方、交付税と臨時財政対策債、これが本年度は25億8,900万来ておりまして、前年度に比べますと5,046万4千円も増になっております。ご承知のようにこの臨時財政対策債といいますのは、国のほうの交付税の関係での対策でありまして、国のほうでは地方交付税の会計が非常に赤字になっております。したがって、交付税から出せない、あるいは借金をして出しておるというのが最近の状況でありますが、先ほども話出ましたように、一方そういう税財源の減収、これは全国的な問題であります。
この税財源の減収を、これを対象にすると、こういうこともあります。この臨時財政対策債、ご質問にあったとおり起債制限比率には該当しません。と申し上げますのは、財政対策債を借りても後年度の元利償還の場合に、全額元金の償還の場合に全額これを交付税で見ると、こういう制度でございまして、したがって起債制限比率には該当はしておりません。
そんなことで、ご承知のように、国税の5税ですね、所得税や酒税、あるいは法人税、それから消費税、たばこ消費税、こういうもので配分されるわけでありますが、13年度より当面、こういう減収に伴って臨時財政対策債を発行し、町も借り入れているわけであります。
これはあの、さっきも申し上げましたように、国が地方交付税として本当は交付しなきゃなんないんですが、国自体の問題等もありまして起債償還分を今後の財政需要額に算入して後で措置すると、こういうことでございます。
しかしこの臨時財政対策債、その名のとおり臨時的なものでございまして、今後いつまでも続くかというと甚だ疑問でございます。国の経済財政の諮問会議でも、骨太の方針2000と、三位一体の改革として交付税制度、あるいは補助金の見直し、それから税財源の移譲などに言及しておりますが、現在のところまだ未知数な状況にございます。
このような状況で地方自治体として、今後の財政運営について見通しを立てるということは大変難しい問題でありますが、町としても中長期的な財政計画を厳しく管理して進めてまいりたいと、このように考えております。
また、合併しない場合の財政見通しについて作成した時点で不確定要素が多く、大雑把なものであったということも事実でありまして、その中には臨時財政対策債についても今のような制度の見込みはその当時はなかったので、やや少な目に見積もって計画を立てております。
しかし、計画の平成15年度と比較いたしましても、歳入歳出の見積り内容というのは大きな相違はなくて、総体的な方向としてこの見通し内容で進めるべきではないかと、このように考えております。
今後の財政運営については、地方債の発行に伴う事業を当面縮小するとともに総人件費の抑制を図ってまいりたい。現在もかなり進めておりますが、なお一層の再確認をしてまいりたい。さらに内部管理経費をもう一回よく見直しをしたい。それから、建設計画の、建設事業の、あるいは事務事業の見直しやあるいは行財政改革の大綱の見直し等々をなお進めまして、行政コストのスリム化を図ってまいりたいと思います。
ただ、このようなことでありましても、町民生活に直結する事業については、これについては決っしてそれをやめるとか、縮小するということについては考えておりません。
以上が17番議員に対する事務的な考え方を含めた答弁でございます。
○議長 再質問があればこれを許します。
新田正光君!
〇17番(新田正光君) 逆に質問がありました経常時というようなことであれしましたが、これはいわば私のつくった勝手な言葉だかもしれませんが、減額が始まって以来と、それ以前の問題というふうに考えていただけばいいんじゃなかろうかと思います。
このような形で地方市町村で交付税減額したものを起債措置でというようなことでですね、特例債の形でなされてますが、この債務に対する利子等はいかがなものでしょうか。
それからまた、例えば町村での手配、これをしなきゃならないということからくる、例えば起債を絞り出すためにいろいろな措置しなきゃなんない。そのためにまあまあ腕の立つ職員をそろえて、なんていうこともあるのでなかろうかと思いますが、そういう改革の問題も出てきてるんだろうと思いますが、そういう点ではどうなんでしょうか。この特例債を準備するためのがなですね。手だてについて障害等はないのでしょうか。
それからここに入ることによりましてですね、債務というような形、後年度送りみたいな交付金がなるわけですね。その年には支給されないわけ。しかも、先ほど答弁にもありましたように、不確定であるというようなことですね。そういうところから、この町財政に対する影響みたいなもの、そういう点からの影響みたいなのありましたらお聞きしたいと思いますが。
○議長 答弁を求めます。
橋本総括主幹!
○橋本総括主幹 今のご質問にお答えしたいと思います。
第1点目の、議員さんが言われた27億とか28億と言われたのは、平成11年、12年のころの金額だと思うんですけれども、それには普通交付税のほかに特別交付税分も入っているということをまず含んでおいていただきたいと思います。
今年、先ほど助役のほうから説明したのは、まだ普通交付税だけで特別交付税分は入ってない額だということが第1点だと思います。
あと、臨時財政対策債の償還の関係なんですけども、当然国で言ってるのは元利償還金相当分を交付税で見るということですから利息分も後年度交付税で入ってくるということであります。
それからもう一つは、不確定要素ということだったと思うんですけども、15年度まで、国が許可した分について、臨時財政対策債を認めた分については後年度国で交付税の基準財政需要額に含めるということは確定しております。
ただ、16年度以降については、まだ制度的に決まってないということで、その部分が不確定要素だということでありますのでご理解いただきたいと思います。
以上であります。
○議長 再々質問があれば許します。
(なしの声あり)
○議長 第2の質問を許します。
〇17番(新田正光君) 質問の第2は、高齢者の高額医療費についてであります。高齢者についてはその性格上医療費が高額に及ぶものが多く、支払いに困惑するものが多く、定額以上は公的負担となり、患者の負担が軽減されていると聞いております。
しかし患者が高齢である、しかも最近の家庭状況ですね、私も最近体験したわけですが、よく出入りする家でお年寄りの葬儀があるというようなこと新聞に載りました。ところが私面識がないですね。大体施設とか何かに、共稼ぎ世帯では入れておくのが普通でありまして、面識のないところでとにかく会ったわけですが、そのような状況下で医療費等もなされるんだろうと。老人自体が判断して自分の医療費に考えたりなんかしてるんだろうとこうあります。そういう実態が社会的にあります。
つきまして質問なんですが、まず、この制度そのものですね、これ概略私もわかったような気していましたらば、あんまりよくわかってないんであります。最近は個人から徴収する改悪がずっと多くて、むしろ公的に負担するというようなこの政策が少ないんでないかと思うのでありますが、そういうところで、まず、この方向につきましてですね、制定された基準といいますか、そういうことについて担当者より説明をいただきたいと思うのであります。
次に、実状としまして、先ほどもおきました社会的事情もありまして、要求が出てない。高額医療費で入院してるんだけどというのが新聞発表等では、石川県などでは3分の1にも請求してない人が及ぶっていうことが出ました。これが新聞記事に出たものであります。ところが我が町は熱心な町ですから、福祉に、そういう点ではと思いましたらば、いや、この高額医療費については全国最低というような評価がなされております。
ここに、請求、その資料がずっと、アンケート等であったんですがね、我が町ではこの請求にいろいろ手助けをしたとか何かの状況が件数で14.9%。それから金額において24.5%。大体1件くらいずついろいろな分野、未申請者への再通知するというのがあったり、あるいは未申請者への今後の対応、対策方法、これも1件郵送。それから申請方法、窓口1件。領収書の添付必要という問題。それからこんなのが1件くらいずつ7件くらいの対策がなされているようなんでありますが、ところが比較的中小規模の町ではですね、小野町では81.3%が対策されていると。88.7%が金額ですね。それから、滝根町では93.9%、90.8%が金額ですね。それから都路村では78.3%、79.8%。高額医療費を受けるような対象になるかたはそんなに数は多くないのであります。
そういう点で、この中小規模の町村では同じくらいの、みな数字を見ますと人数なんですが、ぐんと高くなっておるんです。
ところが我が町のこの14.9%、6月段階ということになっておりますが、その後の対策がなされているかもしれませんが、金額において24.5%というこういう問題がある問題ですね。この辺についてどのような対象者に対策がなされですね、どのような状況になっているのか、その辺をお聞きしたいと思います。
○議長 第2の質問に対する当局の答弁を求めます。
村上総括主幹!
○村上総括主幹 お答えいたします。
まず、高額医療制度の概要についてでありますけれども、昨年10月に医療制度が改正されまして、70歳以上のかたの医療費負担が定額制から1割負担になりました。そのため、高齢者の医療費負担の軽減を目的といたしまして、新たに自己負担限度額が設定されたところでございます。
その内容を申し上げますと、一般のかたの場合、一月で個人外来で1万2千円、入院と外来費用を世帯で合算した額で4万2千円を超える医療費。この場合には食事療養費を除くこととなりますけれども、この限度額を超えた医療費については、その申請に基づきまして払い戻しするというものでございます。
この高額医療制度につきましては、中身がよく理解されているとはいえず、また、計算が複雑といったことからご指摘のとおり請求をされないかたが全国的に多いと言われております。
そこで、三春町といたしましては、未申請者のかたに対しまして高額医療費の支給が受けられますという旨を該当する個人に通知いたしまして、未申請者の解消を図りますとともに、高齢者のかたが不利にならないよう配慮しているところでございます。
先ほどのご質問の中に、三春町の場合14.9%の請求という話がございましたけれども、現在私どものほうで把握している段階では約50%程度まで請求がなされているというふうに認識しております。
それから、振込の口座を確認するために1年に1度だけ申請していだきます。その後は申請は不要という形で、その年度に該当する高額医療費があれば自動的に指定する口座に振り込むという方法をとりまして、高齢者のかたがたの負担の軽減を図っているところでもございます。
これまで町といたしましては、70歳到達者へ高齢受給者証を交付する際に制度の説明を行ったり、パンフレットの配布、町広報などにより制度の周知を図ってきたところでありますけれども、引き続き医療制度について理解が得られるようPRに努めてまいりたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。
○議長 再質問を許します。
新田正光君!
〇17番(新田正光君) 多分ご努力なさってくださっているんだろうと考えておりました。この数字が無性に低いもんですからね、6月30日時点というようなことですのでずいぶん時間もたっているわけですからでありますが、まず、この高齢者、特に医療の問題についてはなかなかやはり家庭内においてもですね、若い人たちの見方、どっちかといいますと核家族的状況の家族の状況と、あと、入院なさっているかた、そのあたりの考え方の違いで、若い人たちはかっこ悪いとか、あるいは請求して支給されるのが何となく世間体が体裁悪いとか、そういう状況でひかえるかたもおりますでしょうし、あと、昔かたぎで、やはり武士は食わねど高楊枝ではございませんが、三春町の町民性あたりからは、補給してまでもらってやりたくない、それより入らないほうがいいとか何とかいう状態もありまして、やっぱり障害がいろいろある部分もあるだろうと思います。
しかし、やはりこれからの問題はこの辺が基本になってくるんだろうと。やはり高齢者医療費を受けるような部分になりますと、どうにもならない。こういうところを私も実感しておるわけでありますが、やはりその中で全国的にも対策がなされるくらいですから、やっぱりそういう厳しい問題をはらんでいるんだろうというようなことであります。
どうか、まめに、しかも簡易化してですね、例えば判子押した5ポイントもらえばもうそれで請求が済むというようなね。あと、口座を聞いててあれするというくらいまでの簡略化した対策が必要になってくるんではなかろうかと。
特に前回の議会では人口減、住んでいる町の魅力、そういうことが話し合われましたが、やはりそういうところに本当の、これからも安心して住める、やはり増えていく、この地域が永久に過疎化しないで増えていく、そういう可能性が引き出してくるんでなかろうかと考えるわけですが、ご意見を伺います。
○議長 答弁を求めます。
村上総括主幹!
〇村上総括主幹 今後も引き続き高齢者が不利にならないように対応してまいりたいというふうに考えております。
特に、先ほどの答弁の中ではふれませんでしたけれども、領収書がない場合でも支払いをするというような対応にも取り組んでおりますのでよろしくお願いいたします。
○議長 再々質問があればこれを許します。
(なしの声あり)
○議長 6番、佐久間茂君、質問席に登壇願います。
第1の質問を許します。
○6番(佐久間茂君) 今回、私は4点にわたって質問をいたします。
第1点は、入札の改善についてであります。これは前回の質問からの継続事項であります。前回、助役は十分検討してまいりたいと答えた事項がございます。それを含めて入札の制度改善の全般について、伊藤町政のもとでどこまで検討が進んだか確認をしておきたいと思うわけであります。
前回、助役は、検討を約束したのは、ジョイントベンチャー、共同企業体、それについて、前回助役は、それは行政が指導すべき問題ではなく、企業みずからが努力すべきものと考えておりますというふうに答弁をされしました。しかし実は、昭和63年、今から15年前に、三春町建設工事にかかわる共同企業体取扱要綱というものが制定をされておりまして、いまだにこれがちゃんと生きていて、例規集に載っているわけであります。
これは読めばわかるように、助役が言ったこととは全く反対の要綱でございます。しかし、15年前につくったきりこれ適用したことないわけですから、忘れていたことについて私はどうこう申し上げるつもりはございませんが、このことも申し上げながら、さっき言ったように全般の改善について伺っておきたいと思うわけであります。
○議長 第1の質問に対する当局の答弁を求めます。
橋本助役!
○助役 入札の改善、前向きに検討する。十分検討する。答弁したとおりでございます。
ジョイント工事につきましては、工事などの規模、あるいは内容等によって一般の指名競争入札に適さない特定の工事を対象とする特別共同企業体における入札について、個別の工事案件について検討を行うと、こういうものでありまして、議員ご指摘のとおり、三春町建設工事に係る共同企業体取扱要綱の第6条によって結成をするが、この目的は技術力の結集により、単体企業による施工に比べ効果的な施工を確保すると、こういうことでございまして、町のほうでもこの考えには変わりはございません。
あとほかのほうの県などの、あるいは市における先進地のほうもいろいろ調べましたが、そのほかに共同企業体を設けることによって、今後は地元企業への技術移転、習得を目的として結成する、いわゆる技術習得型の共同企業体、あるいは地元企業が技術力を結集することにより施工が可能となり、地元企業の受注機会の増大を目的とする、いわゆる育成型の共同企業体の結成等、先進地でも十分検討を進めておりますので、我が町においても前向きに検討してまいりたいと、こう考えております。
入札の改善全般については、前から申し上げておりますが、予定価格の事前公表、現在も試行を進めております。また、指名についても受注機会の公平性と競争性の確保ということから、業者数を増やして行っております。
また、最近は技術提案型の入札、行って、これらについての実行もしております。
あとの質問に出てまいりますので、大雑把に簡単に申し上げますけれども、予定価格につきましても、今までのコスト積上方式、これを国のほうでも廃止をしたい、こう考えておりまして、市場価格による予定価格を設けると、こういう制度についても、今、国土交通省が中心となって検討を進めており、私どももなかなかいい方法であると考えております。十分検討してまいりたいと思います。
○議長 再質問を許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 今の答弁の中で、共同企業体については、他の先進地を見ると、何というんですか、技術習得型、あるいは地元企業が受注する機会を増やすようになるような共同企業体というものを考えているということがありました。私は全くそうだと思います。今後は、そういうふうなことで共同企業体等を考えておいてほしい。
ご承知のように、田村郡ないしは県内の町村で村の中から立ち上がった建設業者が広く市や市町村の、他の市町村に進出して発展をしているような企業があるようであります。三春の場合はどうかよくわかりませんが、そんなに三春の企業が郡山だの福島に進出はしてないと思う。私はやっぱり、これは癒着することではなくて、地元の企業を振興させるためにはそういうことも今後は考えていかなくちゃいけないんじゃないか。これは次の町長さんに対する要望なので、これはこれ以上申し上げられません。
それから、今年になってからの入札状況はどうか、このことで金曜日にやっと資料をもらいまして調べてみました。昨年のことを申し上げます。まずね。
昨年は、82件の入札のうち、落札率が95以上のものが69件、実に84%。さらに、驚いたのはその82件のうちの24件は、落札率が100%なんであります。
今年はどうか。15年度、今までに21件の入札が行われましたが、そのうちの1件はどうもいくら読んでも訳のわからない入札がありますからそれを除いて20件、訳のわからないというのはわからないんです。後からよく聞きます。どっかに欠陥があったに間違いない入札ですが、これはここで申し上げません。
20件のうちで落札率が95以上の入札が16件で80%、去年より4%減っております。そして、落札率が100%であったものは2件で10%。だから、昨年は29%でありましたから、今年度は10%ですからだいぶ減ってきたということで、私の度重なる質問で、業者の皆さんも少し緊張したのかなというのは私の自惚れだから言いませんが、町でも努力をされたんじゃないか。
努力をされた中にはやっぱり指名業者を少し増やしている傾向が、私は、プラスに動いているというふうなことで考えておりますが、今後も私はこの問題については、総人件費の抑制といいますが、20億円の建設の場合1%節約したらいくらになりますか。私はここのところも十分考えていただきたいというふうに私は思っておりますが、お答え願えるんでしたらば助役からお答えを願いたいと思います。
○議長 橋本助役!
○助役 先ほども申し上げましたとおり、これからもいろいろこの入札制度については仕組みをはじめ、実行する上でもいろいろ前向きに検討してまいりたい。以上であります。
〇議長 再々質問をゆるします。
(なしの声あり)
○議長 第2の質問を許します。
〇6番(佐久間茂君) 第2の質問は、まほら、つまり町民センターの建設工事で地元が得た経済効果についてであります。 これも前回の質問からの継続事項であります。前回、経済効果の全体の具体的な金額、数字を次回まで検討するという答えが参与からございました。検討結果の具体的な答弁をまず求めたいと思います。
〇議長 第2の質問に対する当局の答弁を求めます。
小手川参与!
○ 参与 お答えいたします。
まほら建設工事で地元が得ました経済効果の具体的金額でございますが、関連工事で地元業者が元請けとして受注いたしました契約金額は、3件で合計2,355万450円であります。その工事内容は、町道北町大町線道路改良工事、それから地下式防火水槽、第1駐車場整備工事であります。
また、交流広場等建設工事につきましては、発注金額が4,158万円でございますが、この工事の下請けにつきましては受注金額は不明でございますが、町内業者が携わっております。
次に、町内企業が直接受注いたしました備品関係でございますが、契約数が13口で1,619万2,160円でございます。事務用消耗品が29万9,203円、合計1,649万1,363円となっております。
また、前回も申し上げましたが、工事関係者が利用いたしました商店や宿泊施設等の経済効果につきましても具体的な金額はつかんでおりませんが、経済効果はあったものと考えております。以上です。
〇議長 再質問を許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 今、検討結果を答えてもらったわけでございます。いわゆるまほら、町民センターの建設事業は、総額では30億余かかっております。しかしこの中には土地代とかいろいろ建物の建設そのものにまぜてはおかしくなるものもありますから、私は大雑把に見て、あの建物ですね、土地代なんかを除いた建物は大雑把に22億というふうにみているわけです。
今、参与のほうからは、町道北町大町線道路改良工事とか、大町地内耐震性貯水槽新設工事とかというもの等で2,355万ですか、いうものが地元の工事になったといいますが、これ22億に入っていませんね、この工事は。22億に入っていませんね。だから、これは関係外として除きます。
そして、広場の4,158万円、その中でだいぶこれは下請けに三春の建設業者を使ったというふうに、今お聞きしましたが、これは駐車場の整地工事費なんだから、整地工事なんだから、それでこれ、入札も建物とは別なんだから、ひとつはじめっから三春町の関係者に発注したらどうかということをさんざんと言ったら失礼ですが、文教委員会では私は主張したんです。
しかし、結果的には元請けですか、それから下請けという形だか孫請けだかになって、それでもいくらか使っていただけたと、いただいたという私が言う筋合いございませんが、使ったと、こういうことになりました。そうすると、そこで4,158万のうちのいくらくらいなんだかわかりませんが、全部やらせたとしても4千万ですね。そして、この22億円のうちの備品費を1,600万、三春町の中の企業に使ったと。これは事務用の機器とかパソコンとかそういうものですね、そういうものに使ったと。
こういうふうに言いますが、そうなりますと22億円のうち地元に下りたお金は22億円のうち1,600万と、それから4,158万円のある部分ということだけになって、そうすると5千万ですね、早い話が。22億のうちの5千万だけが地元に落ちたと。それからあとはお弁当買った人もいるだろう。あるいは町内の旅館に泊まった人もいるだろうと。これは私は否定しません。しかしそれは何億円にもなりませんよね。だから、5千万と。
そして、私はさらに考えをめぐらしますのは、あの建物ですね、あの建物には三春町の中の大工さんとか左官屋さんとか電気屋さんとかいろいろな人は一切手を加えていないのか、それとも、かつて助役がはっきり言いましたね。元請け業者は町にこう言ったと。設備工事をはじめ、他の職種に関しても地元企業をパートナーとしてとらえ、積極的に採用すべく提携業者を指導いたしますと元請け業者が言ってくれたと、大いに期待しておりますと助役は答弁された。
だから、私が言ったことで間違いがあるのかないのか、例えば、建物の中でも、佐久間さんそう言うけれども、何とか下請け業者は町内の何とか業者を頼んでいるはずですよと。しかし、もっとも何とか組は頼まないけど、三春町内で労務者を募集して使っているはずですよと、こういうことがあったりして、私が言ったことで間違っていることがあったらば指摘的な答弁をお願いしたいと思います。
〇議長 答弁を求めます。
小手川参与!
○参与 ただいまご指摘のありました建設事業費は22億円でございますね。そのうち大林がとった町民センター建設工事は21億円でございます。そのほか舞台等の設置工事だとか光ファイバーの工事だとか、そういうのが1億あるわけでございます。
それで、大林が受注した21億につきまして、それの経済効果はどうだったかというふうなことを調査はいたしましたわけでございますが、これは大林のほうに直接その支出の調査をしていただいた結果でございます。それについてちょっと述べさせていただきます。
工事関係につきましては、一次発注業者は町内にはなかったわけでございますが、三春在住の従事した職員の数は約1,800人でございます。鉄筋、型枠、土工、それからはつり、屋根、内外装、左官、防水、建具、ガードマン、そういったものでございます。賃金に直しますと合計しまして約2,700万くらいになろうかと思います。
それから、重油用の燃料等でございますが、三春の販売店から購入したものが約500万。そのほか諸雑費といたしまして、家賃、宿泊、事務用品、洗濯、タクシー、そういったものでございますが、それが3,600万、合計6,800万円という大林の支出調査結果でございます。以上でございます。
〇議長 再々質問を許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 今、最後に参与が答えられたこと大変参考になります。
そういうことひとつ最初から言っていただくと質問回数が少なくなるわけであります。合計しますと21億というのはそうでしょうが、やっぱ全部で22億。そのうちの1億5千万から2億円の間を地元に落ちたというふうに確認をしておきたいと思います。それは結構ですか。
これはもちろん大林さんから報告されたことが事実と相違ないということを前提にして結構ですから、どうでしょう。
それから、助役の言ったことが十分生きたと、助役は考えていると。そのことも確認しておきたいと思います。
〇議長 答弁を求めます。
小手川参与!
○参与 今ご指摘がありましたとおりでございます。これからもできるだけ地元の業者が潤うように指導等を行っていきたいと、こういうふうに思っておりますのでよろしくお願いいたします。
〇議長 橋本助役!
〇助役 町民センター工事にかかわらず、町の業者以外で工事を施工する場合、いろいろ今までもありましたが、業者については常にそう申しております。
〇議長 第3の質問を許します。
〇6番(佐久間茂君) 第3の質問は第3セクターについてでございます。これは、さらに三つにわけて質問をいたします。
第1番目、三春の里振興公社は、町長の個人保証によって、だから、町長のというのはおかしいとすれば、伊藤寛というかたが個人で保証して、三春の里振興公社は借金をしていると。これをどのように処理をする方針かということです。これは、ご記憶かと思いますが、4年前の6月の定例会で1回質問をしています。そのときに、4年前の6月ですから、町長は来年もおやりになるのかおやめになんのかわからないけれども、おやめになるということもあり得るわけだから、このことは早く処理をしないと困っちゃうんだと、困るんじゃないんですかという質問をしたわけです。
そしてこれ、4年たって9月にまたこの質問しなくちゃいけないかなと思ったらば急におやめになるということでこれ質問するわけですが、三春の里振興公社もいろいろ努力をして、この保証している借金を本気になって返してきたこと、これ認めます。しかし現在も、今月は何だかわかりませんが、株主総会ですか、そこの報告によると現在もこの金は4,600万あります。
少なくとも私はこの個人保証でなぜ金を借りたかということについては大体知っているわけです。これは町長が個人的に使うために借りたんでなければ、おかしなことに使った、おかしなことに使ったものでないことは十分承知した上で私は言ってんですが、ご承知のように振興公社発足したときに人をたくさん頼んじゃった。しかし予定している仕事がない。月給払わなくちゃならん。借金が嵩んだ。そこで個人保証で借りた。
そして、不動産関係の、振興公社が予定した仕事が始まればそう長くなく返せるだろうと思っていたのが返せなくて今日に及んだと。この経過を考えてみれば、私はいろいろ考えなくちゃなんない問題もありますが、無理かもしれないが、この議会の終わる29日までに、ひとつどういうふうに解決するのか決めて、さっぱりとしておきたいというふうに思うわけであります。これが第1。
それから第2番目は、計画が進んでいるというまちづくり公社の北町館の採算根拠についてであります。北町館をつくってそこに目医者さんを誘致すると。このことを聞いて、それだけのことを聞けば反対する人はだれもいません。ウエルカムですよね。歓迎です。
しかし、だからといって、これまちづくり公社の赤字増大の原因になるんじゃ困る。ご承知のように2億円近い金を、議会も認めてまちづくり公社が借金をしてるわけですから、赤字が出て返せなくなったらば、これ町民の負担になるわけです。我々の責任であります。
だから、赤字にならないんですという確かな、確かなというか、信用できる資料をぜひ提示してほしい。これは取締役でもない、社員でもない私が言うのはおかしいという人もいるかもしれませんが当然のことです。損失補償してんですから、ぜひ示していただきたい。これが2番目。
3番目は、この間、全員協議会でも言ったんですが、第3セクター一生懸命やっている。私は敬服しています。しかし、世の中がこういう世の中なんです。いくらやっても儲かる部分と儲からない部分と、とんとんの部分がある。第3セクターというのはとんとん以上ならいいんです。
ところが赤字になりますとこれ困ると。しかし、この状況報告書を見れば、町が書いた文章でしょう。公的援助は妥当であると。公的援助をするのは妥当だと、当然だというふうに書いてあるわけです。お金があればいいですよ。お金は、前の質問者が言ったようになかなか大変なんです。
だから、私はこの際、健全性を保っていただくためには、これはどうやっても赤字なんですと正直に言って、これはやめますというふうに言っていただきたい。やめられたんじゃどうにも町は決定的に困るというものは町が責任を負って直営にするとか、あるいはシルバーセンターに委託をするとか、いろんな方法で存続をさせるべきじゃないかと。
それをやりませんと、何となく第3セクターは町のために頑張ってんだと。赤字になったら出してくれと、これがいつまでも続いてお互いにうまくいかないんじゃないか。これが第3の質問であります。ご答弁をお願いいたします。
〇議長 第3の質問に対する当局の答弁を求めます。
橋本助役!
〇助役 1点目の個人保証についてのみお答え申し上げますが、結論から申し上げますと、根保証抵当の問題等も含めて、これを全部個人保証から抜くと、こういう内諾を得ております。いろいろ事務の手続き上実際に名前が変わるというのは1カ月程度かかろうかと思いますが、この件については内諾を得て、今検討中でございます。金融機関のほうでの了解を得ております。
〇議長 小手川参与!
〇参与 第2、第3の質問につきましてお答えさせていただきます。
まず、三春まちづくり公社が進めております仮称三春北町館でございますが、この三春北町館につきましての事業計画につきましては、全員協議会等でご報告してきたところでございます。事業の採算根拠につきましてでございますが、公社としましてリスクを最小限に抑えまして、採算性の向上に鋭意努力して事業化を進めているところでございまして、公社の作成しました事業収支は慎重に検討されており、収支内容は妥当であると判断しております。
また、資金計画につきましても、公社みずからが金融機関等から調達する計画でございます。
なお、現在の進捗状況でございますが、7月に眼科医との賃貸借契約を完了いたしまして、9月には建築工事に着工する予定になっております。眼科医の開業は来年3月に予定されております。
公社は事業リスクを最小限に抑えるため、賃貸借契約の中で建物建設をしまして、建物入居後3年間以降、時期を見まして眼科医が建物を買い取る約定にしております。
土地につきましては、町が所有してございますので、その時点で町と眼科医との間で協議を行うことにしております。
次に、第3点のお答えでございます。3点目の第3セクターに対する町の支援についてでございますが、地域の活性化に向けまして行政と民間が力を合わせて取り組む趣旨で第3セクターが設立されたわけでございますが、町の仕事を代わってやっているのだから、支援は当たり前といった安易な考え方を町はしておりませんし、公社も同様でございます。
第3セクターの事業の中には採算の取れるものと、努力しても採算の取れない事業が発生いたしますが、会社全体の事業収支が総合的に採算が取れるよう、真剣に経営努力を重ねているところでございます。
ご指摘のように、努力しても赤字の部分を整理いたしますと、第3セクター設立の趣旨とか、あるいは政策目的に合致しないことにもなりかねませんし、赤字の部分を町の直営にいたしますと、町の財政の圧迫にもつながりかねませんので、慎重に対応する必要があると考えております。以上です。
〇議長 再質問を許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 今の参与の答弁について若干申し上げておきますが、町の仕事をやっているのだから町の公的援助は当然であるとは考えておりませんと。ぜひそういう考え方で今後もやっていただきたい。というのは、過去のことがあるから私は心配をしてるんです。さっき言ったように人件費が嵩んじゃった。町長がわざわざ自分で保証してまでお金を借りなくちゃなんなかった。実はそれでも足りなかったんです。足りなかったんです。
やってはならない出向職員に対する人件費の負担を町がやっていたんです。過去にそういうことやってた。私は、これはいけないんじゃないかと。県に聞いてみなさいと言ったら聞かないというんですね。県には聞きません。なぜ聞かないんですかっていったら、聞けばだめだと言われるから聞かないんですと。こういうことがあったんです。
それから、それはだめだっていうんならだめでなくなりましたよね。そしたら今度は何ですか、交付金だか援助金だか3年くらいやったでしょう。
だから、そういうふうに逆戻りしたらば、そのときのことを私はほじくりだして返せの何のは言いませんよ。しかし、財政がこういう状況になってからまたそこに逆戻りされたんじゃ困るということでそう言ってるわけです。
この次の町長がどなたになるかわかりませんが、私は今参与が答えたような援助は当たり前だということは考えておりませんというのをですね、今後も町の決意として伺っておいてよろしいか、伺っておきます。
〇議長 当局の答弁を求めます。
小手川参与!
〇参与 町の第3セクターに対する支援につきましては、今後ともできるだけなくしていく方向で頑張っておりまして、ご指摘のとおり町の決意として、第3セクターの会社の経営努力でその解決を図っていくというのを基本にしていきたいと思っております。
〇議長 再々質問を許します。
(なしの声あり)
〇議長 第4の質問を許します。
〇6番(佐久間茂君) 第4の質問は町長に対する質問であります。感無量であります。最終質問であります。
町長は、ある雑誌のインタビューに、「議員は町民に奉仕する立場ではありません」こういうふうに答えております。そこで私が質問したいのは二つあります。一つは、町長は、地方公務員法第3条3項1号で、議員が公務員であることをまぎれもなく規定していること。さらに、日本国憲法第15条が、すべて公務員は、すべての公務員は全体の奉仕者であること。これを高らかに規定していること。この二つのことを承知した上で、それに反することを承知で、議員は町民に奉仕する立場ではありませんと答えたのかどうかということであります。
第2点は、そして今もこの言葉、文章、この言葉は文章になっているわけですから文章といってもいいでしょう。この言葉、文章を少しも変えることなく町長をおやめになられるのか。私の質問は2点でありますから、これは簡単に、明瞭にお答え願いたいんであります。
〇議長 第4の質問に対する当局の答弁を求めます。
伊藤町長!
〇町長 ただいまのご質問は、政経東北の6月号に掲載されたインタビュー記事かと思いますが、そのくだりを、今「」で部分的に取り上げられたことをもうちょっと全体の文章で読み上げたいと思います。
「議員は、町民に奉仕する立場ではありません。町民の代表として条例や政策を決めたりする立場です。そう考えると、町長より議員のほうがえらいんです。」こう書きました。私は、間違っていないと今でも確信いたしております。もちろん、憲法とか公務員法、承知の上での話であります。私は、議員がこういったからといって、公務ではないなどとは全く考えておりません。町民の代表として町の舵取りをする重要な役割でありますから、最も純粋な意味でも公務そのものだと、そのように尊重申し上げたいと思うところであります。
どうして私がこういうことを言っているかということでありますが、その前後にいろいろと書いてありますので、そこまで十分お読みいただければおわかりいただけたことではないかと思いますが、くどくなりますので、簡単に答えなさいということでありますので、あまり詳しくは申し上げないことにいたしたいと思います。
これからもやっぱり議員の皆さんがた、町民に奉仕するということよりも、町民そのものであり、町民を代表する立場であるということを自信と自覚を持って大いに活躍されることが町発展のためにも、それから地方分権の実現のためにも、これは非常に大事なことであると、そういう考え方で述べた次第であります。
〇議長 再質問があれば許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 今、町長も信念をもってそう言われるんでしょうが、私は信念をもって、議員は町民全体に対する奉仕者であると。これもまた私の信念でありますが、これは私の信念だけではありません。町長も目を通されたのではないかと思いますが、議員必携というこういう本があります。あれは確か初版は昭和29年、版を重ねて現在まで至って、全国の町村会議員が全部持っております。
古い人に聞いたんでありますが、古くから今に至るまでも全然変わっていない部分としてこういう部分があります。また、憲法15条で、公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではないと定められているように、議員は住民全体の代表者であり、奉仕者であって、これが議員の本質というべきであると。このことは、議員が住民の直接の選挙によって選任されることからも当然に導き出される自明の理である。自明の理であると、こういうふうに書いております。
関連質問はできないわけでありますから、議員の皆さんはしゃべることできませんけども、おそらくは全部の議員が私のこの今読み上げたのに反対しないと思うんです。代表者であって奉仕者である。こんな文章であります。雛壇の人も答えるわけにいかないでしょうけれども、私の意見に反対だったらば閉会後どうぞ抗議をしてください。私は今後も議員というのは町民に対する奉仕者であるという立場でやっていきたいというふうに思うんです。
最後に、もしそれでよかったらば町長のご答弁はいりませんけれども、議員は町民に奉仕する立場でありませんというのを、今そのまま変える気はないと言ったですね。それ、変える気がないというそのままであれば、私は変えることはないと、町長は明言したということで町長に対する最後の質問でありますが、それ以上質問は続けません。お変えになりますかなりませんか。
〇議長 伊藤町長!
〇町長 私はただいまのような言葉遊びともいえるようなことについてあまり興味がございません。はっきり言いまして。
最近、なぜ私がこういうことを言ったかといいますと、最近の地方自治の論調の中には、住民をお客様扱いをして、やれ住民サービス、行政サービスとか住民への奉仕とか、そういう人たちがおります。私は、そういうのは本当の自治ではないと。サービスとか奉仕とかいうことを住民はもっぱら受け手で考えるのではなくて、住民の自治でありますから、自ら治めるということでありますから、そういう本質にもどらなければいけないような事態がかなり多いのではないかと。
したがって、奉仕という言葉よりは、むしろ住民の代表としての責任を果たすと、そういう立場こそが大事なのではないでしょうかと、私は申し上げたいわけであります。この点は、かなり現実にはもっと申し上げたいことがたくさんあるんでありますけれども、くどくなるから申し上げませんけれども、議会の有り様にも深くかかわる問題だと考えておりますので、私は今後ともそうした立場を堅持して皆さんがたとも、町民の皆さんがたとも深く話し合いを進めていきたいと、そのように思います。
〇議長 再々質問を許します。
佐久間茂君!
〇6番(佐久間茂君) 一つだけ、私が言ったことは言葉遊びに興味はないと答えられました。記憶しておきます。
○議長 答弁はいりませんね。
18番、渡辺正恆君、質問席に登壇願います。
第1の質問を許します。
〇18番(渡辺正恆君) 先に通告をいたしておきました3点について質問をいたします。
第1の質問は、中心市街地活性化ビジョンについてであります。大町商店街はハード面の整備の進む中で、町の中心市街地活性化構想に対して町中の魅力アップと活性化を図るため、旧来3から4グループありました商店会を発展的に解消いたしまして33店舗が自主的に参加希望し、商店を一本化いたしました。三春周辺に郊外型大型店がひしめく中で小さくとも魅力に富んだ商店街を再生しようと、賑わいの創出を図ろうと一致団結してお客様が回遊し、楽しめる元気のある商店街を目指して今頑張っています。
個々の魅力を引き出そう。こだわりのある店をつくろう。こだわりのある味をつくり出そう。三春ならではの商品の開発も考えていこうじゃないかと、今真剣に模索しております。
毎月第1土曜日に特売日を設定し、チラシを折り込んで宣伝をしています。小さなイベントの積み重ねと努力を続けていくことによって、将来必ずその成果が現れると念願をいたしております。
ところが、それに逆行するように、照明の不統一が盆踊りの際に町民の皆さんから指摘をされました。上大町地区にはイベント用のポールと、電源配電盤が設備されております。さくらの季節や盆踊りのときには活用され、整然と提灯が飾られていますが、たまたま今年は櫓が中央四つ角に移されました。櫓の両脇に電飾も移動されるべきですが、中央大町にはその設備が設置されていないため、アンバランスになってしまいました。
中央大町の整備工事に入る前に、地域の大町街路を考える会ではその設備も要望していたのではないかと思いますが、それは予算の関係で実現しませんでした。このことについては、町もそれなりの配慮はしたとうけたまわっております。
そこで、盆通り大会前の観光協会の理事会の席上でも、商店会の要望として、提灯を中央大町地域まで延ばすべく申し入れをいたしました。しかし、観光協会側ではさらに100万円程度の費用がかかるということで実現はできませんでした。苦肉の策として、個々の商店の希望で、提灯そのものは観光協会の在庫品を借り受けて業者に依頼し、個人商店の費用で飾りつけをいたしました。
また、明るく安全な街並みを確保するために、10時30分までショウウィンドウ、あるいは店内のブラインドなどは下げずに、店舗内も点灯しておくよう申し合わせをいたしました。
市街地整備基本計画の中では、上大町通りはお祭り道路とも位置付けされていたはずであります。今年の盆踊りは中央大町にも延伸してまいりました。人々は少しでも明るくてにぎやかな、そして明るいところでと考えている人が多いんじゃないかと思います。
そこで、中央大町にこの設備がなされなかった理由と、今後町としてどう対処していくのか。工事施工が開始されている下大町地域はどうするのか。あらかじめその施設を設置しておくのか、その経緯について伺いたいと思います。
○議長 第1の質問に対する当局の答弁を求めます。
小手川参与!
〇参与 ただいまの質問の中心市街地の活性化についてお答えいたします。
中心市街地の活性化につきましては、交流館まほらを中心としました情報交流核が完成いたしまして、商業軸となる荒町新町線の街路事業が16年度完成を目途に進められているところでございます。地域の顔でございます中心市街地が着々と仕上がりつつあるところでございまして、地元商店会の皆さんが活性化のご努力をされていることにつきましては敬意を表しているところでございます。
さて、今年の三春盆踊りは、新たな試みとしまして大町四つ角に櫓を構えまして、整備された街路で、あいにくの空模様を吹き飛ばすかのように、2日間とも大勢の人出に恵まれまして盛大に行われたところでございます。
ご質問の中央商店街の提灯の不ぞろいについてでございますが、街路を考える会の中で協議した経緯はございますが、町としても改善したいと考えておりますので、技術的な検討をした上で、地域のかたがたとの打ち合わせを考えておりますので地域のご協力をよろしくお願いいたします。
町と村との交流がさらに進みまして、中心市街地の賑わいがより一層高まっていきますよう努力してまいりたいと考えているところでございます。
〇議長 再質問があればこれを許します。
渡辺正恆君!
〇18番(渡辺正恆君) ただいまの答弁の中で、町としても改善をしたいと考えていると。技術的な検討をした上で地域の打ち合わせを考えているという答弁がありましたので、これにすべて集約されると思います。
ただ、今、先ほども申し上げましたように、下大町地区は既にCCボックスの工事を着工しております。これは早急に検討の上、実施にこぎ着けてほしいというふうに考えていますが、ただ、昔は屋台とかいろいろ出ておりましたが、その電源の確保については電柱がある時代ですと容易に電源は確保されます。しかし、これは地中化されてしまいますと、これは簡単ではないということで、備えあれば憂いなしということでいろいろ言われておりますが、やはりこれから、今現在下大町のほうにやっているんだとすれば、将来必ず何かで必要なことが生じるというふうに考えておりますので、その辺の考え方もあわせてお尋ねをしてしおきたいと思います。
○議長 答弁を求めます。
小手川参与!
〇参与 下大町の提灯の街路灯ですかね、提灯灯といいますかね、それにつきまして既に道路の舗装工事が完了しておりますので、技術的にちょっと問題があるわけですが、ご要望に沿うように鋭意努力して検討していきたいというふうに思っております。
〇議長 再々質問があれば許します。
(なしの声あり)
○議長 第2の質問を許します。
〇18番(渡辺正恆君) 第2の質問は、先ほどちょっと重複するかと思いますが、助役のほうからちょっと話が出ておりましたけれども、私の考え方またちょっと相違がございますので、聞きたいと思います。
それは、公共事業の入札制度の改善についてであります。全国の市町村とも財政難の中にあります。公共事業の工事費の割高感の解消が急務であると思います。報道で取り沙汰されておりますが、競争入札の際の談合防止策だけでこれらが解決される問題かどうか伺いたいのであります。
○議長 第2の質問に対する当局の答弁を求めます。
橋本助役!
〇助役 先ほどもちょっと申し上げましたが、この改善の検討が、現在、国土交通省を中心に進められております。ご承知のように、三春町の入札の現在は、一定のルールの中で予定価格の事前公表、あるいは技術提案型の入札等々行ってまいりました。先ほども申し上げましたように、公共事業の入札制度については政府がいわゆるコスト積上方式から市場価格方式に改革しようということで検討を進めております。
現行制度ではいくらデフレ下になっても価格が下がりにくい。他のコストの削減の事例があってもこの積上方式というものになかなか反映されない。そういうものでは困るということから、これらのコスト削減事例なども反映した市場価格をもとに工事の上限価格を設定して入札を行うと、こういう方式に検討を今進めておるところであります。
国のほうの、まず、現段階でははっきりしたことは申し上げられませんが、国の公共事業にも約、これをやることによって、15%くらいは削減されるんではないかと。ということは逆に言いますと今までのは高すぎたと、こういうことかと思います。三春町においてもこの動向を踏まえながら、入札制度の改善に前向きに検討してまいりたいと考えております。
〇議長 再質問を許します。
渡辺正恆君!
〇18番(渡辺正恆君) 今の答弁であらかたよくわかりますけれども、要は現在使用する資材、それを一つ一つ積み重ねて上限価格を算定してるんだと思うんですが、これ、多分その資料、同じようなのお持ちだと思うんですが、国交省ではもう2005年にはこれをやりたいということが出ております。
今現在、デフレ下でも相当資材的には大幅な値下がりがしておるのは現実の姿だというふうに考えておりますが、その市場実態に合わせていけば、このコストを削減というんですか、低下は実現できるんじゃないかというふうに考えております。
いろいろそっちこっち聞いてみますと、今まで土木調査会とか、それから財団法人の経済調査会、それから建設物価調査会、これらで使用しております資材のソフトが出ておりますが、それでほとんど各官公庁が予定価格の算定をしておるわけでありまして、また、いろんな業者間にもそのソフトがある程度やみでも何でも流れていると。
そうすると、大体官公庁でつくりました予定価格と、ぴしゃりどんと合ってしまうと。それから何パーセント引きでいこうということになるといろんな問題が発生するんじゃないかというふうに思っています。
ただ、これが完全に、完全にというわけにはいきませんでしょうけども、廃止されて、おのおのがコスト計算をやりながら算定していけば、設計がきちんとしてればそれなりの単価表が違いが出てきて、入札もスムーズに行われるんじゃないかなというふうに考えています。だから、今現在、例えばこのソフトがつくられた時代、例えば千円のものが今大体300円くらいかなという考えをしておりますが、そういうふうにならないといつまでもこういうものが全国的にいろんな不正があるなというふうに思っておりますので、例えば三春町で将来それをやるとすれば、コスト算定委員会なるものを庁内で設置してそれらに対処するようにお願いをしておきたいものだなというふうに思います。
○議長 第3の質問を許します。
〇18番(渡辺正恆君) 第3の質問をいたします。
三春町の行財政改革の継続性についてであります。町長は、来春の任期満了を待たずに8月31日付けをもって辞任届けを提出されました。聞くところによりますと、7月30日、後援会の代表者会の席上で退職の理由を述べられたそうであります。その退職表明に当たって、行財政改革の継続性について強く要望されたと聞いています。
その中で、三春町は当面合併しないでやっていくことを決めましたが、そのためにはそれ相応の厳しい行財政改革を断行しなければなりません。先進的な改革を評価されている現在までの路線をさらに前進させる人を町長にしていただきたいと思いますとありました。
私たちは、町長が提案された改革案について、数回にわたって討論をして現在に至っております。町長は行財政改革について、特に何が継続すべき課題であると考えておるのか、町民のかたがたにわかり易く説明してほしいと思います。
○議長 第3の質問に対する当局の答弁を求めます。
伊藤町長!
〇町長 ただいまお話ございましたように、町長職を辞するに当たりまして、行財政改革について書き残すべきことがあるのではないかと、そのように考えまして、8月19日付けの振興対策審議会に、現時点での行財政改革の課題等について私の考えを述べさせていただきました。その振興対策審議会の資料は議会のほうにもうお届けされていると思いますのでどうかご覧をいただきたい。
人の考えというのは口で話しただけではなかなか徹底しないものでありますので、紙にしっかり落して、それに興味のある町民のかたがたはどなたでもご覧いただけると、そういうことにするのがよろしいかと考えて、一生懸命1カ月くらいかけてまとめてみましたので、よろしくお願いいたしたいと思います。
そして、来月に行われる選挙、町民の皆さんがたが町政に関心を寄せていただく絶好の機会でもありますので、その際の議論の材料にも大いに使っていただきたいと、そのように考えております。具体的なことについては、すべてそれに書きましたので、この席では要点だけをごく簡単に申し上げたいと思います。
問題の基本は、従来中央集権の中では、国は政策のメーカー、政策をつくるのは国だと。県はそれを取り次ぐ政策問屋であると。じゃ、市町村は何かというと、国県から政策を仕入れてきて小売りをする政策小売店だと。そういうのが一番俗なたとえで言えばわかり易いことではなかったかと思います。
したがって、どうも私も20年余町長をやらせていただいて苦労いたしましたのは、職員の皆さんは国県からやれと言われたことだけやっていればいいんだという気持ちにどうしても流れがち。それをどう破るかということに正直苦労した20年だったと思います。
また、議会の皆さんがたと議論しても、法律にやれと書いてないことはやってはいけないのだという、非常に固いお考えのかたが多くて、それでもいろいろと問題があったのは皆さんご存じのとおりであります。
地方分権の時代であります。地方分権というのは、それを根本的に改革するということではないかと思います。市町村が地域の実状に合った政策を自分たちの頭で考え出して、そして大いに討論をして政策をみずから決めていくと、そういう力量を身につけることだと思います。
そのために、議会は町民の皆さんに対して政策決定責任を果たす上で、その中心的な役割を担うべく、議会は議会でみずからを大胆に改革しなければならない。そう私は思います。今まではずいぶん遠慮して、あまり議会改革のことについては私の考えを申し述べませんでしたけれども、この資料ではしっかり述べさせていただきました。ぜひご覧いただきたいと思います。
これを書いているときに、過去3年間にわたっての議会の皆さんがたとの往復文書、それを整理してみました。それも添付いたしましたので合わせて町民の皆さんがたにもよく読み込んでいただきたいなと思います。
例えば、その中で議会はほとんど実質的には委員会審議で行われている。ところが委員会がどういう議論をやっておられるのかということについて、町民はほとんど知るところがない。これは困ることではないでしょうかと、そう書きました。委員会の審議の傍聴は、こういう本会議ばかりでなくて、むしろ委員会審議こそ町民の皆さんがたに傍聴してもらう。傍聴できない人は議事録を読ませてもらうということにすべきではないですかと、そういうことも申し上げましたところ、議会のほうではそれは傍聴もできることになっているし、議事録ももちろん情報公開するということであります。
したがって、私は情報公開お願いしますといって資料を拝見しました。ある委員会では、真っ白であります。どういう議論を、だれがどういう意見があってやったか。そういうことを示すことは奉仕うんぬんという先ほどの話ではありませんが、それよりも前に、町民に対する私は代表としての重要な責任だと思うんです。
そういう責任をしっかりと果たすような議会運営をぜひ実現していただきたいと、そういうことも書いておきましたので、かなり耳障りなことも多いかと思いますが、町民の皆さんがたとの大いに議論の材料にしていただきたいと、そのように思います。
次に、実務者機関についての改革でありますけれども、地方自治法では町長以下執行機関は議会の議決に基づいてそれを誠実に執行する責任を負うということであります。しかし、私は今まで20年間町長をやらせていただいていまして、議会や長のほうから政策オーダーが、注文ですね、実務者に下ろされたときに、その政策立案実務能力、それがあるところはちゃんと跳ね返りがあります。ないところはほとんど返ってきません。
私も昨日、一昨日と二日間かかって書類整理をしました。いろんな政策構想、種を蒔いただけで日の目を見ないで終わったことがあまりにも多いのに悲しい思いでいっぱいになって書類整理をいたしました。
もちろん、私はいつも言っておりますように、他の自治体に比べれば三春町の職員の能力は非常に最近向上しております。政策形成力という点からいえば、私は大いに自慢していいだけのレベルに達しているとは思いますけれども、やっぱり地方分権という時代を考えてみますと、まだまだ改革しなければいかん問題は山積しているということを具体的に申し述べましたのでご覧いただきたいと思います。
それから3番目でありますが、一般企業の場合でも自分ところの製品の品質管理、これは非常に真剣であります。それから性能検査、性能チェックも厳しくやっております。そうしないと競争に勝てないわけであります。行政はどうか。
企業の品質管理や性能チェックに代わるものは行政評価であります。この行政評価がほとんど現在の行政システムの中には内蔵されておりません。それをどうするかということ自体、全く新しい分野のことでありますので問題が大変多いわけであります。
そして、その中で政策評価機能として議会に果たしていただくべき役割も大変大きいわけであります。そこら辺をどうしたらいいのかということについても、できるだけ町民の皆さんがたにわかり易いように具体的に改革の方向を述べたつもりでありますので、どうぞ十分ご検討をお願いいたしたいと思います。以上でございます。
〇議長 再質問を許します。
渡辺正恆君!
〇18番(渡辺正恆君) それでは再質問する前にですね、今町長から答弁ありました振興対策審議会に出された書類については私もそれをいただいて見せてもらって十分に熟読させていただきたいと思います。
もう一つございます。町長が出されたその最後の後援会の席上の文面の中にですね、三春町には町長派、それから反町長派の抗争がしこりとなって町発展を阻害した長く苦い歴史がありました。町長選挙に派閥争いを持ち込むような動きがあれば、町民の良識でそれを排除して、堂々と政策論争を行い、公正明朗な選挙をしてほしいと思いますとありました。
町行政の舵取り役には、政策立案と政策論争が課題であろうと思っておりますが、それらについても心置きなく後進の人たちのためにも約24年に及ぶ実績を踏まえた理論を伺っておきたいと思います。
○議長 答弁を求めます。
伊藤町長!
〇町長 この問題については、あまり生々しいことは申し上げないほうがいいかと思うんでありますが、皆さんがたもご記憶多いと思います。三春町は長い間、やっぱり派閥的な争いのある町でありました。
私が今町長職を辞するに当たって、本当に皆さんがたに感謝したいと思いますのは、私が町長になってから、そうした派閥がらみでの問題が全く解消したと。町民の皆さんがたに本当に力を合わせてまちづくりに一緒になってご協力いただいたということで、大変幸せ者であったなと、そのように痛感をしております。
どうかこうした状況を今後とも続けていただくことが、新しい町長に対する何よりの力添えではないかと、そのように強く望んでいるところであります。よろしくお願いいたします。
〇議長 再々質問を許します。
(なしの声あり)
○議長 3番、渡辺勝雄君、質問席に登壇願います。
質問を許します。
〇3番(渡辺勝雄君) お昼になりましたので端的に質問を進めていきたいと思います。
この4月より障害者支援費制度がスタートいたしました。そのサービス向上が期待されるわけでありますが、この件につきましては、3月議会に伺っております。
障害者に対する福祉事業が全国的に注目と期待が寄せられている昨今であります。そうした折、最近、障害児支援体制について協議されたと伺っております。町の障害児支援体制の概要について、詳細に伺いたいと思います。
2点目でありますが、幼児期から義務教育終了までの障害児と家族を支援する目的で各担当と連携を進め、障害児支援検討委員会など早い時期に立ち上げ、その確立を急ぐべきだと私は思いますが伺いたいと思います。以上であります。
○議長 質問に対する当局の答弁を求めます。
田中教育次長!
〇教育次長 町の障害を持つお子さんの支援にかかわる事務事業は、教育、福祉の各担当、それぞれ所管しておりますが、各担当が一体化してこの支援体制を整備しようとしておりまして、教育委員会が事務局ということになっておりますので、私のほうから答弁したいと思います。
まずこれまで、障害を持つお子さんにかかわる町の事務事業は、各担当それぞれに進めてまいりましたが、障害を持つお子さんの教育的ニーズの多様化により、各担当横断的なつながりと一貫した連携が強く求められているのが現状でございます。
具体的な担当の事務事業としましては、障害を持つお子さんの乳幼児期には保健福祉担当が障害児福祉と乳幼児育成支援事業のステップクラブで保育士がかかわり、遊びを通して発達の支援をしております。
幼児教育担当では、第二保育所で障害を持つお子さんを受け入れており、保護者との早期相談や幼児の成長の支援をしております。
学齢児童生徒につきましては、学校教育担当と小中学校、養護学校において特殊教育の支援、就学指導を通して児童生徒の学校生活の支援と指導の充実を図っております。特に町内小中学校では、特殊学級の担任教諭と学校教育担当で構成しております養護教育担当者会というのを設けております。そこで情報交換と連携を図っております。
また、児童生活担当におきまして、いわゆる児童館等でございますが、児童館といわゆる児童クラブ等では、障害を持つお子さんを受け入れる準備を、その整備を進めておるところであります。
そこで、町行政の障害を持つお子さんに関係する教育、福祉の各担当者が集まり、このお子さんの乳幼児期から義務教育終了まで、今回はあくまでも義務教育終了まで焦点を当てております。授産とは別でございまして、この義務教育終了まで各担当及び各関係機関の一貫した連携のもとでお子さんとその保護者、またその家族のかたとの相談支援体制を整備しているところであります。これを現在いろんな角度で調整を図っております。
次に、各担当の横の連携を密にしてこの支援体制を推進していくためには、障害を持つお子さんにかかわるいろんな情報交換、それとそのお子さんに対して一番大事なのは共通理解を持つということでございます。その共通理解をもとに、保護者が相談できる機会を提供し、また、そのお子さんの障害の種別、程度、ニーズに合わせてよりよい支援策として何ができるのか、各担当で一緒に考えていこうというのがこの支援体制の目的でございます。
また、同じ障害児支援という目的に向かって一緒に考えて行動していくためには、まずご指摘のございました組織づくりが必要であると考え、各担当での話し合いを重ねてまいりました。以上が三春町の障害児支援体制の概要と経緯であります。
続きましてその組織についてでありますが、障害児支援検討委員会の設立につきましては、これまで各担当の担当者間だけで設立に至るまでの準備打ち合わせを重ねてまいりましたが、間もなくこれが組織化される予定でございます。なお、この委員会を構成するメンバーにつきましては、先ほど申し上げましたとおり、今の段階では役場の各担当者だけでございます。いわゆる障害児に対する専門のかたがおりません。このかたのご意見も今後お聞きする考えがございます。
また、この委員会を要綱等により明文化、文書化しまして明確な位置付けをしたいものと考えております。三春方式といいますか、三春バージョンでこの体制づくりをしてみたいと考えております。
期せずして昨日放映がありました24時間テレビで、障害者のかたたちがいろんなことの活動でチャレンジができる、その支援をするというふうな大変感動する場面がございましたが、町も障害を持つお子さんも、地域の中でたくましくそして健やかに育つことを願いながら、また、保護者のかたや家族のかたとの信頼関係を築きながら、町として障害を持つお子さんのニーズに的確に応えられるようこの障害児支援についてもしっかりと取り組んでいきたいと考えております。以上でございます。
〇議長 再質問を許します。
渡辺勝雄君!
〇3番(渡辺勝雄君) 障害児を持つ保護者が、今の組織づくりの話を聞いて非常に心強く、また、早くその検討委員会を設立していただきたいという思いが相当あるのではないかと思います。そういうふうな意味でこの検討委員会、また、大体、委員会を設立して、スタートがいつころになるのか若干伺っておきたいと思います。
○議長 答弁を求めます。
田中教育次長!
〇教育次長 年内には組織化をして進めてまいりたい考えでおります。よろしくお願いします。
〇議長 再々質問を許します。
(なしの声あり)
○議長 これにて一般質問を打ち切ります。

【散 会 宣 言】

○議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしましたので散会いたします。
ご苦労さまでした。
(散会 午後0時8分)

平成15年8月29日(金曜日)
1、出席議員は次のとおりである。
1番 萬 年 智
2番 村 上 瑞 夫
3番 渡 辺 勝 雄
4番 儀 同 公 治
5番 栗 山 喜 一
6番 佐久間 茂
7番 三 瓶 正 栄
8番 五十嵐 信 安
9番 上 石 直 寿
10番 渡 辺 渡
11番 橋 本 敏 昭
12番 渡 辺 泰 譽
13番 柳 沼 一 男
14番 渡 辺 和 明
15番 欠 番
16番 加 藤 徳 治
17番 新 田 正 光
18番 渡 辺 正 恆
19番 本 多 一 安
20番 鈴 木 義 孝

2、欠席議員は次のとおりである。
なし

3、職務のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
事 務 局 長 市 川 昌 勝 書 記 今 泉 喜 徳

4、地方自治法第 121条の規定により説明のため議場に出席した者の職氏名は次のとおりである。
町 長 伊 藤 寛
助 役 橋 本 健 夫
代表監査委員 園 部 甲 三

○総務部門
部門総括 参事(助役兼任)橋 本 健 夫
部門総括兼総務担当 総括主幹 湯 峰 初 夫
財政・企画担当 総括主幹 橋 本 国 春

○町民生活部門
部門総括 参事(助役兼任) 橋 本 健 夫
部門総括兼生活環境担当 総括主幹 佐久間 正 生
町民担当 総括主幹 織 田 芳 子
税務担当 総括主幹 影 山 常 光
保健福祉担当 総括主幹 村 上 正 義
敬老園担当 総括主幹 真 壁 岩 友

○事業部門
部門総括 参与 小手川 征三郎
部門総括兼市街地整備兼農林振興担当 総括主幹 深 谷 茂
地域整備担当 総括主幹 松 本 正 幸
農業委員会 会長 影 山 修 一
農業委員会事務局 事務局長 大 内 馨

○企業局
部門総括 管理者(職務代理者)局長(総括主幹)遠 藤 誠 作

○収入役の補助事務会計担当
会 計 総括主幹 橋 本 光 家

○教育委員会
教育委員 委員長 深 谷 信 吾
部門総括兼学校教育担当 教育次長(総括主幹)田 中 金 弥
交流館担当 総括主幹 原 毅
部門総括 教育長 前 田 昌 徹

5、議事日程は次のとおりである。
議事日程第3号 平成15年8月29日(金曜日) 午後 2時00分 開会
第 1付託請願陳情事件の委員長報告及び審査
第 2付託議案の委員長報告
第 3議案の審議
議案第56号 消防ポンプ自動車購入契約について
議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
議案第58号 平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について
議案第59号 平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について
議案第60号 平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算(第1号)について
議案第61号 平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について
議案第62号 平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について
議案第63号 平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について
議案第64号 平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
議案第65号 平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
議案第66号 平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
議案第67号 平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について
議案第68号 平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について
議案第69号 平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について
議案第70号 平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について
議案第71号 平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について

閉 会

6、会議次第は次のとおりである。
(開会 午後2時00分)

【開 会 宣 言】

○議長 ただいまの出席議員は19名であります。
定足数に達しておりますので、ただちに本日の会議を開きます。

【付託議案の委員長報告】

○議長 日程第1により、付託議案の委員長報告を求めます。
総務常任委員長!
○総務常任委員長 総務常任委員会が9月定例会において、会議規則の規定により付託を受けた議案について、審査の経過と結果について報告いたします。なお、本委員会は8月22、25、26、27、28、29日の6日間にわたり、第1委員会室において開会いたしました。
議案第56号、「消防ポンプ自動車購入契約について」。本案は、1,281万円で消防ポンプ自動車を購入するものであり、購入後に岩江分団第2部に配備する予定である旨の説明を受け、審査いたしました結果、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第58号、「平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について」。財政担当総括主幹より今回の補正予算全般について詳細に説明を受け、慎重に審査いたしました結果、所管に係る事項について、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第61号、「平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について」。総務担当総括主幹より今回の補正予算について詳細に説明を受け、慎重に審査いたしました結果、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第63号、「平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について」。所管に係る事項については各担当総括主幹より事務報告書により事務の執行状況の説明を受け、また、決算書に基づき詳細な説明を受けました。所管外事項全般については財政担当総括主幹より、同様の説明を受け、慎重に審査いたしました結果、所管に係る事項について予算の執行は適正であると認め、本決算について、全員一致認定すべきものと決しました。
議案第67号、「平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について」。議案第68号、「平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について」。以上2議案については、それぞれ総務担当並びに町民担当総括主幹より、事務報告書及び決算書により詳細な説明を受け、慎重に審査いたしました結果、両事業とも予算は適正に執行されているものと認め、全員一致、両案とも認定すべきものと決しました。
以上、総務常任委員会の報告といたします。
○議長 経済建設常任委員長!
○経済建設常任委員長 経済建設常任委員会が9月定例会において付託を受けた議案について、審査の経過と結果について報告いたします。本委員会は22日より休会を挟み5日間にわたり、第4委員会室において開会いたしました。議案説明のため出席した執行者は、事業部門小手川参与、事業部門深谷総括主幹、松本地域整備総括主幹、遠藤企業局長、大内農業委員会事務局長であります。
議案第58号、「平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について」。所管に係る事項について説明を受け審査いたしました。6款1項6目水田農業確立対策費については、JAがもっと積極的に取り組むべきとの意見が出されました。
8款2項2目道路維持費は生活道路整備交付金で、昨年繰り越した残りがすべて事業化できるものであります。本案は、審査の結果、所管に係る事項について、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第62号、「平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について」。本補正予算は、農業集落排水事業により、汚水管延長工事を約200メーター工事するものであり、この工事により10戸の住宅の加入が見込める補正であり、審査の結果、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第63号、「平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について」。所管に係る事項について説明を受け審査いたしました。所管に係る事項について、事務の執行は適正であると認め、全員一致認定すべきものと決しました。
議案第69号、「平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について」。本案は、詳細な説明を受け審査いたしました。予算は適正に執行されたものと認め、全員一致、本案は認定すべきものと決しました。
議案第70号、「平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について」。農村集落排水事業は、14年度末接続率は計画に対し79.3%に増加した。本案は、予算の執行は適正であると認め、全員一致認定すべきものと決しました。
議案第71号、「平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について」。平成14年度で2件の売却があった説明を受け審査いたしました。審査の結果、全員一致認定すべきものと決しました。以上経済建設常任委員会が9月定例会に付託を受けた議案の審査の経過と結果を報告終わります。
○議長 文教厚生常任委員長!
○文教厚生常任委員長 平成15年9月定例会において、文教厚生常任委員会が付託を受けた議案について、その審査の経過と結果について報告いたします。
なお、文教厚生常任委員会は、8月22日に日程設定を行い、以来8月26日、27日、28日の3日間、第3委員会室において審査を行いました。
議案第58号、「平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について」は、教育長、教育次長、町民部門総括主幹、各担当総括主幹の出席を求め、所管にかかわる部分について詳細な説明を受け、敬老園費、介護保険特別会計繰出金、火葬補助金、在宅老人生活支援事業等の追加が主であり、慎重審査の結果、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第59号、「平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について」及び議案第60号、「平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算(第1号)について」は、8月27日、町民部門総括主幹、担当総括主幹の出席を求め、詳細なる説明を受け、歳入においては特別調整交付金の減額と高額医療費共同事業にかかわる国県の支出金の追加であり、歳出においては、高額医療費共同事業拠出金を減額し、一般管理費、保健衛生費及び予備費を追加するものであること、介護保険においては国庫支出金、繰入金を追加し、歳出においては人件費、介護給付費、精算償還金、予備費等の追加をするものであり、審査の結果、全員一致可決すべきものと決しました。
議案第63号、「平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について」は、所管にかかわる分について、8月26日、27日、28日の3日間にわたり、教育長、町民部門総括主幹、担当主幹の出席を求め詳細なる総括的な説明を受け、各予算の執行状況と不明点をただした後、全員一致認定すべきものと決しました。
議案第64号、「平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について」、及び議案第65号、「平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について」は、8月27日、町民部門総括主幹、担当総括主幹の出席を求め、詳細な説明を受け、事務報告とともに関連しての質疑応答の上、全員一致認定すべきものと決しました。
議案第66号、「平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について」は、8月27日、町民部門総括主幹、担当総括主幹の出席を求め、詳細な説明を受け、事務報告と合わせて慎重に審査の結果、全員一致認定すべきものと決しました。
以上、9月定例会に文教厚生常任委員会が付託を受けた議案の審査の経過及び結果の報告といたします。

【 議 案 の 審 議 】

○議長 日程第2により、議案の審議を行います。
議案第56号、「消防ポンプ自動車購入契約について」を議題とします。
これより質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第56号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第57号、「人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて」を議題とします。
これより質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
お諮りいたします。本案は、人事案件でございますので、討論を省略して採決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
これより、議案第57号を採決いたします。
本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり、七海浩一氏を人権擁護委員候補者として推薦することに同意することに決定しました。
議案第58号、「平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第58号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第59号、「平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第59号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第60号、「平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算(第1号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第60号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第61号、「平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第61号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第62号、「平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について」を議題とします。
資本的収入支出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第62号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
議案第63号、「平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
なお、決算認定議案の質疑の際は、款項目、ページ数を示してから質疑を願います。
歳入全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第63号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第64号、「平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第64号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第65号、「平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第65号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第66号、「平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第66号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第67号、「平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第67号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することに、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第68号、「平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
歳入歳出全般について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第68号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することに、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第69号、「平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入支出について質疑を許します。
(なしの声あり)
資本的収入支出について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第69号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することに、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第70号、「平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入支出について質疑を許します。
(なしの声あり)
資本的収入支出について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第70号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することに、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。
議案第71号、「平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について」を議題とします。
収益的収入支出について質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第71号を採決いたします。
本案は原案のとおり認定することに、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり認定されました。

【 議員提出による議案の提出】

○議長 お諮りいたします。
ただいま、10番、渡辺渡君ほか2名より、議案第72号、「三春町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について」、12番、渡辺泰譽君ほか2名より、議案第73号、「高速自動車国道の整備促進に関する意見書の提出について」が提出されました。
この際、日程に追加して議題にいたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、議案第72号、議案第73号を日程に追加し、議題とすることに決しました。
議案を配付いたしますのでお待ち願います。
(議案配付)
○議長 議案第72号、「三春町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について」を議題とします。
提案理由の説明を求めます。
10番、渡辺渡君!
〇10番(渡辺 渡君) 議案第72号、「三春町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について」。三春町議会委員会条例(昭和38年三春町条例第17号)の一部を別紙のとおり改正する。平成15年8月29日提出。提出者、三春町議会議員、渡辺渡。賛成者、三春町議会議員、柳沼一男、賛成者、三春町議会議員、新田正光。
提案理由につきましては、三春町議会議員定数条例(平成14年三春町条例第18号)第1条の規定に基づき、現行20の議員定数が本年10月1日より18となるため、三春町議会委員会条例の一部を改正しようとするものであります。
改正内容につきましては、別紙三春町議会委員会条例の一部、第2条中、7人とあるのを6人に改め、平成15年10月1日から施行しようとするものであります。以上であります。
○議長 ただいまの説明に対する質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第72号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長 議案第73号、「高速自動車国道の整備促進に関する意見書の提出について」を議題とします。
提案理由の説明を求めます。
12番、渡辺泰譽君!
〇12番(渡辺泰譽君) 議案第73号、「高速自動車国道の整備促進に関する意見書の提出について」。地方自治法第99条の規定により、高速自動車国道の整備促進に関する意見書を別紙のとおり関係機関に提出するものとする。平成15年8月29日提出。提出者、三春町議会議員、渡辺泰譽。賛成者、三春町議会議員、渡辺和明、賛成者、三春町議会議員、渡辺勝雄。
朗読をもって説明に代えさせていただきます。
高速自動車国道の整備促進に関する意見書。高速自動車国道は、国民生活の向上や経済、社会活動にとって欠くことのできない最も重要な社会資本の一つとして大きな役割を果たしている。
三春町では移動手段として自動車への依存度が非常に高く、高速自動車国道の整備は地域間交流を促進し、農業、商工業及び観光産業の活性化や発展に大きな影響を与えるものであり、その整備は地域住民の強い願いである。
また、住民生活において必要とされる機能、施設が十分に整備されていない地方市町村は、広域連携を図ることによりそれを補っている。高速自動車国道の整備は、地方に生活する人々の日常生活を支えるばかりでなく、緊急時の人命や財産を守ることにつながるものである。
このような中、政府においては、先般、高速自動車国道法を改正し国直轄による整備方式を導入するとともに、平成17年度の道路関係四公団の民営化に向けた検討を行っているところであるが、国土開発幹線自動車国道法で定められた予定路線すべてを整備対象とした検討がなされておらず、また、道路関係四公団民営化後の新会社による整備に係る財源確保の仕組みも不透明な状況であり、法定予定路線の切り捨てや整備が遅延されることとなれば、地方の長期計画や振興計画も高速道路の整備を前提に作成されていることから、地域の発展や住民の福祉に大きな影響が出ることが懸念される。
よって、政府においては、高速自動車国道の整備に当たっては道路関係四公団民営化後の会社、国、いずれの事業主体であれ、法定予定路線1万1,520キロメートルについて、これまでの整備の進度を確保しながら実質的な地方負担を伴わない手法で、さらには地方の意見を尊重しながら、国の責任において着実に推進されるよう強く要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成15年8月29日、内閣総理大臣、小泉純一郎殿、総務大臣、片山虎之助殿、財務大臣、塩川正十郎殿、国土交通大臣、扇千景殿、経済財政政策担当大臣、竹中平蔵殿。福島県田村郡三春町議会議長、鈴木義孝。
よろしく審議の上、ご賛同くださるようお願いいたしまして、提案の説明を終わります。
○議長 ただいまの説明に対する質疑を許します。
(なしの声あり)
○議長 質疑なしと認めます。
これより討論を行います。討論はありませんか。
(なしの声あり)
○議長 討論なしと認めます。
これより、議案第73号を採決いたします。
本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、本案は原案のとおり可決し、各関係機関に意見書を提出することに決しました。

【特別委員会委員長の報告】

○議長 日程第3により、特別委員会の委員長報告を求めます。
本定例会が議員の任期最終となりますので、特別委員会の付託に係る事項について報告を求めたいと思いますがご異義ございませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、各特別委員会委員長の報告を求めます。
中心市街地活性化対策特別委員会委員長!
○中心市街地活性化対策特別委員会委員長 中心市街地活性化対策特別委員会の報告を申し上げます。
平成11年12月定例会より本会開催まで臨時会を含めて合計18回の委員会を開催し、中心市街地の活性化に対する検討を進めてまいりました。平成11年度には、三春町中心市街地活性化基本計画の策定が行われ、活性化のための具体的な検討が行われました。
翌12年度には、それまでの行政主導とは趣が異なる民間活力的な手法によるまちづくりを目指したTMOが設立され、大町地内でのスーパー撤退跡地の有効活用への取り組みが行われることとなり、年度末からは交流情報拠点である三春交流館、まほらの建設工事が着手となりました。
13年度においては、TMOである三春まちづくり公社によって、三春壱番館が完成し、14年度はじめには各種テナントも出店し、供用が開始されることとなりました。
今年度はじめには、14年度末に竣工したまほらの一般利用が可能となり、また、街路事業に関しても荒町新町線の中央大町区間や、大町亀井線の一部ができあがりました。
このように、期間中は中心市街地エリアが大きく変貌を遂げた時期でもありました。また、中心市街地における基本的な方向である2核1軸構想の具現化は、着実に進んでおりますが、残る核機能の一つである商業核の拠点となるべき商業核の整備については早急な対応を図りつつも、今後さらに地域のかたがたの動向を踏まえた上で、多角的な視点から具体的検討が必要かと思われる次第であります。
委員会といたしましても、これら諸事業の進捗状況については、逐次町の担当当局より報告を受けるともに、その内容については慎重な審議を重ねてまいったところであります。
商業振興の拠点であると同時に、町民がつどい、憩う快適な生活空間としての中心市街地の果たすべき役割は大きく、ひいては町全体の発展にとっても少なからず影響を及ぼすものであると推察されます。
委員会では、このような視点に立った上で激変と言ってもけして過言ではないこの期間中、絶えず現況の確認とその動向について着目してまいりました。以上でございます。
○議長 総合交通対策特別委員会委員長!
○総合交通対策特別委員会委員長 総合交通対策特別委員会の審査の経過と結果の報告をいたします。
総合交通対策特別委員会は、平成11年12月から本日まで、国道288号バイパスや空港アクセス道路を軸とした総合交通体系の整備について調査研修を行い、審査してまいりました。国道288号バイパスについては、三春バイパス、郡山東バイパスが既に供用を開始され、引き続き平成9年度からは三春西バイパスが着手されていますが、山田工区につきましては測量調査も手つかずの状況下にあります。
田村郡と石川郡内の16町村が促進同盟会を進めているトライアングルハイウエイとして、阿武隈高原道路は矢吹インターチェンジより福島空港まで供用開始されていますが、本路線の中には調査区間とされていない部分もあります。
町内の県道整備については、県道の本宮三春線、三春駅前の周辺整備も整いました。また、荒町地内の歩道、大町地内の街路整備、県道須賀川三春線のカーブ解消や県道門沢三春線のバイパス工事が進められており、早期完成が期待されるところであります。
しかしながら、地方道路に対する整備については公共事業費の削減の影響を受け、大変厳しい状況下であり、町当局においては事業推進に苦慮していることと存じます。現在実施中の工事や今後道路整備計画など公共事業が山積されていますので、隣接する自治体間の協調を図り、総合交通ネットワークの早期整備を要望いたすところでございます。
これまで4年間の審査において、町当局の説明と現地調査、先進地研修を重ねた中で、バイパス供用による中心市街地の活性化状況なども視察したが、道路網整備による地域の影響の重要課題が残されていることを感じてまいりました。
一方、地域住民が毎日利用する生活道路の整備にいまだに手がつけられない所も数多く見受けられたのであります。受益者と事業執行者が一体となって、スムーズな事業の推進が必要でありますので、公共事業費の縮減、町財政状況下も十分理解しておりますが、積極的な取り組みを町当局に要望し、総合交通対策特別委員会の報告といたします。
○議長 桜川河川改修対策特別委員会委員長!
○桜川河川改修対策特別委員会委員長 桜川河川改修対策特別委員会より報告をいたします。
1級河川桜川の改修につきましては、長年にわたり国や県に対し事業採択の要望を行ってきたところでありますが、平成11年度に国から広域基幹河川改修事業として事業認可を受け、現在県が事業主体となり八島川合流点から三春町字山崎地内にある山崎橋までの延長約1.3キロメートル区間において用地買収や一部区間において暫定開削等の工事が実施されております。
また、懸案でありました上流市街地の河川改修計画につきましても、昨年12月に地元説明会を開催し、沿線住民の皆様から計画内容についてご了解いただけたところから、本年度県では山崎橋から字中町地内の不動橋までの約900メートル区間で詳細設計に着手し、年内には地元の皆さんに計画内容を説明する予定であります。
しかし、平成11年度から今日現在に至るまで、集中豪雨などにより延べ床上浸水3件、床下浸水51件もの甚大な被害が発生しております。公共事業につきましては、国などの財政問題に関連して厳しさを増す昨今の状況ではありますが、一日も早く沿線住民の皆さんが安心して生活できるよう、河川改修事業が着実に推進されるよう切望し、委員長報告といたします。
○議長 ただいま総務、経済建設、文教厚生、各常任委員会委員長並びに議会運営委員会委員長より、所管に係る事項について、会議規則第71条の規定により、閉会中の審査調査について、別紙のとおり申し出がありましたので、閉会中の審査調査に付することにご異議ありませんか。
(異議なしの声あり)
○議長 異議なしと認めます。
よって、各常任委員会委員長並びに議会運営委員会委員長より申し出のとおり、所管に係る事項について閉会中の審査調査に付することに決定いたしました。

【 町 長 挨 拶 】

○議長 本定例会の会議に付された事件はすべて終了いたしました。ここで町長より発言があればこれを許します。
伊藤町長!
○町長 本定例会に提案いたしました全議案、提案のとおり議決並びにご同意をいただきましてまことにありがとうございました。
9月定例会の閉会をもって議員の皆さんがたも、そして私も終着駅ということであります。下車して新しい生活に入られるかた、同じ車両に乗り継いでさらに先に進まれるかた、別の車両に乗り換えられるかた、それぞれ道は分かれるわけでありますが、念ずれば花開くという言葉がございます。そのとおりの前途が開けていきますようにお祈りをいたしたいと思います。
今日まで皆さんとともに歩んできた道中を振りかえってみますと、まことに感無量のものがあります。最近4年間だけをとってみましても、特に疾風怒濤の4年間であったと思います。市町村合併問題、介護保険制度への移行、それから中心市街地活性化、そのための街路事業や壱番館の建設、それから三春交流館まほらの建設、ごみ処理場問題、行財政改革への取り組み等々数え上げればきりがありませんが、本当にご苦労さまでございます。
マスコミなどからよく聞かれる質問が最近あります。6期24年間でやり残した仕事はどんなものがありますかということであります。それに対して私は次のように答えることにしております。
まちづくりはゴールのない駅伝競争のようなものかと思います。やり残したことはたくさんありますけれども、中継点でたすきを一緒に次の走者にすべてを託していきたいと思いますということであります。
ただ一つだけこだわりを捨てきれない夢が私にはあります。行政の改革の問題でありますが、行政の頭脳でもあり心臓でもある政策協議討論の場をしっかりと確立したいという夢であります。もっと具体的に言えば、振興対策審議会という形でささやかにやってきたことを議会に移して本格的なものにしていきたいということであります。
町職員ともときどき話すことでありますが、議員の皆さんがたとの政策協議討論なら、職員の皆さんがたの緊張感もまた全く違うものになっていくのではないかと、そう思います。
中央集権時代には自治体はもっぱら国県のほうを向いて仕事をしていました。地方分権ということは180度向きを変えて、町民のほうを向いて、地域の実状に合ったまちづくり政策を考え、みずからその方向に改革をしていくことだと思います。
それは、言葉では簡単なことでありますが、明治初めの自由民権改革にも匹敵すべき大改革なのだと私は思います。過去3年の間、町民の代表である議員の皆さんとそうした改革の基本である政策協議討論の場を持つことをご提案申し上げてまいりましたが、まだその点について合意を見るに至っていないことはまことに心残りなことであります。
町長の座を離れましても、その夢の実現を皆さんがたと一緒に考えていきたいと願っておりますのでどうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。
みなさん、本当に長い間お世話になりました。ご苦労さまでございました。

【休 憩】

〇議長 ここで暫時休憩いたします。
再開はおって通知いたします。
議員の皆さんがた、全員協議会室にご参集願います。
(休憩 午後2時53分)
(再開 午後3時08分)

【再 開】

〇副議長 それでは休憩を閉じて、休憩前に引き続き再開をいたします。
ただいま、議長、鈴木義孝氏より、議長辞任願いが提出されました。
お諮りいたします。
鈴木義孝氏の議長辞職の件を日程に追加して議題とすることにご異義ありませんか。
(異義なしの声あり)
○副議長 異義なしと認めます。
鈴木義孝氏の議長辞職の件を日程に追加し、日程第4として議題とすることに決定いたしました。
日程第4により、鈴木義孝氏の議長辞職の件を議題といたします。
地方自治法第117条の規定によって、鈴木義孝氏の退場を求めます。
(鈴木義孝氏退場)
○副議長 それでは、先ほど受け取りました辞職願の朗読をいたします。
平成15年8月29日。三春町議会副議長、本田一安様。三春町議会議長、鈴木義孝。
辞職願。この度、一身上の都合により、議長を辞職したいので許可されるよう願います。
以上であります。
お諮りいたします。
鈴木義孝氏の議長辞職を許可することにご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○副議長 異義なしと認めます。
鈴木義孝氏の議長辞職を許可することに決定いたしました。
ただいま、議長が欠けました。
お諮りいたします。
議長の選挙を日程に追加し、日程第5として選挙を行いたいと思いますが、ご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○副議長 異義なしと認めます。
日程第5により、議長の選挙を行います。
選挙の方法は投票、指名推選、いずれの方法で行うことにいたしますかお諮りをいたします。
1番、萬年君!
○1番(萬年 智君) 指名推選で実施するよう提案いたします。
○副議長 ただいま、指名推選の声があります。
お諮りいたします。
選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、指名推選により行いたいと思いますが、ご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○副議長 異義なしと認めます。
よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
それでは、議長の指名推選をお願いします。
1番、萬年君!
○1番(萬年 智君) 本多一安議員を推選いたします。
○副議長 お諮りいたします。
ただいま、1番、萬年君より指名推選のあった、本多一安君を議長の当選人と決定いたしたいと思いますがご異議ございませんか。
(異義なしの声あり)
○副議長 異義なしと認めます。
よって、萬年君より指名推選のあった、本多一安君を議長の当選人と決定をいたしました。
ただいま、議長に当選されました本多一安君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席より告知いたします。
ここで、本多一安君より議長就任のごあいさつをお願いいたします。
○19番(本多一安君) ただいま議員各位からあたたかいご推挙を賜りまして、今回この歴史と伝統ある三春町議会の議長の任に当たらせていただくことになりました。残任期1カ月とはいえ、非常に今その重さを痛感しているところであります。
もとより、私、浅学非才でありまして、何もわからないわけでありますので、今後とも議員各位の特段の、またさらなるご指導とご鞭撻を賜りますように心からお願いを申し上げまして、議長就任の言葉に代えさせていただきます。お願い申し上げます。
○議長 ただいま、副議長が欠けました。
お諮りいたします。
副議長の選挙を日程に追加し、日程第6として選挙を行いたいと思います。
ご異議ございませんか。
(異義なしの声あり)
○議長 異義なしと認めます。
副議長の選挙を日程に追加し、日程第6として選挙を行うことに決定いたしました。
日程第6により、副議長の選挙を行います。
選挙の方法につきましては投票、指名推選、いずれの方法で行うことにいたしますかお諮りをいたします。
8番、五十嵐君!
○8番(五十嵐信安君) 議長一任いたします。
○議長 指名推選ということですね。
指名推選の声があります。
お諮りいたします。
選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、指名推選により行いたいと思いますが、ご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○議長 異義なしと認めます。
よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
指名の方法につきましては、議長において指名いたしたいと思いますがご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○議長 異義なしと認めます。
よって、議長において指名することに決定いたしました。
それでは、副議長に13番、柳沼一男君を指名いたしたいと思いますがご異議ございませんか。
(異義なしの声あり)
○議長 異義なしと認めます。
よって、ただいま議長より指名いたしました柳沼一男君を副議長の当選人と決定をいたしました。
ただいま、副議長に当選されました柳沼一男君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席より告知いたします。
ここで、柳沼一男君より副議長就任のごあいさつをお願いいたします。
○13番(柳沼一男君) ただいま、議員各位のご推挙をいただきまして、副議長に選任されました柳沼一男でございます。もとより浅学非才ではございますが、議会の円滑な運営と、魅力ある三春町づくりのために微力を捧げてまいりたいと思いますので、どうか皆様がたの絶大なるご支援とご協力を賜りますようお願いいたしまして一言ごあいさつといたします。
○議長 ただいま、常任委員会の委員長が欠けましたので、常任委員会委員長互選についてを日程に追加して議題といたしたいと思いますが、ご異義ございませんか。
(異義なしの声あり)
○議長 異義なしと認めます。

【休 憩】

○議長 日程第7により、経済建設常任委員会委員長、副委員長、互選についてを議題といたしますが、暫時休議をいたします。
直ちに経済建設副委員長は、委員会を招集し、議長に速やかにご報告を願います。
(休憩 午後3時18分)
(再開 午後3時22分)

【再 開】

〇議長 それでは、休憩を閉じて休憩前に引き続き再開いたします。
経済建設常任委員会より、委員長に11番、橋本敏昭君、副委員長に5番、栗山喜一君がそれぞれ選任された旨の届けがありましたので、報告をいたします。
議席の指定を行います。
20番に本多一安君に、19番、柳沼一男君に、13番、鈴木義孝君に指定をいたします。

【閉 会 宣 言】

○議長 これをもって平成15年三春町議会9月定例会を閉会いたします。
ご苦労さまでございました。
(閉会 午後3時23分)

上記、会議の経過を記載して相違ないことを証するためここに署名する。

平成15年8月29日

福島県田村郡三春町議会

議 長

署 名 議 員

署 名 議 員

議案審議結果一覧表

議案審議結果一覧表
議案番号 件 名 採決 議決の状況
議案第56号 消防ポンプ自動車購入契約について 全 員 原案可決
議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて 全 員 原案同意
議案第58号 平成15年度三春町一般会計補正予算(第2号)について 全 員 原案可決
議案第59号 平成15年度三春町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について 全 員 原案可決
議案第60号 平成15年度三春町介護保険特別会計補正予算 (第1号)について 全 員 原案可決
議案第61号 平成15年度三春町土地取得事業特別会計補正予算(第2号)について 全 員 原案可決
議案第62号 平成15年度三春町下水道事業等会計補正予算(第1号)について 全 員 原案可決
議案第63号 平成14年度三春町一般会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第64号 平成14年度三春町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第65号 平成14年度三春町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第66号 平成14年度三春町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第67号 平成14年度三春町土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第68号 平成14年度三春町町営バス事業特別会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第69号 平成14年度三春町水道事業会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第70号 平成14年度三春町下水道事業等会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第71号 平成14年度三春町宅地造成事業会計歳入歳出決算認定について 全 員 原案認定
議案第72号 三春町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について 全 員 原案可決
議案第73号 高速自動車国道の整備促進に関する意見書の提出について 全 員 原案可決

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。