ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 安全・防災 > 防災 > 第4回東日本大震災学習会を開催しました

第4回東日本大震災学習会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月6日更新

 5月29日、三春交流館「まほら」において、第4回目となる「東日本大震災学習会」を開催いたしました。

 当日は、「放射能の影響をよく知り、上手につきあうために」と題して、大阪大学名誉教授の中村仁信ひろのぶ氏の講演が行われました。それに先立ち、「土壌放射線量とOSL線量計測定結果の考察」、「町が実施した放射線対策及び外部・内部被ばく測定結果」の報告が、それぞれ東北大学理学研究科助教の小池武志氏、三春町教育長の遠藤真弘氏よりありました。

 学習会の後半では、玄侑宗久氏(三春実生プロジェクト副代表/福聚寺住職)を座長に、中村仁信氏、小池武志氏、篠塚勉氏(東北大学理学研究科准教授)による討論会が行われました。

 なお、当日の模様をDVDに録画しておりますので、6月6日(水曜)から一般に貸し出しをいたします。数に限りがありますので、事前にお問い合わせください。

nakamura koike enndou

  大阪大学 中村仁信名誉教授     東北大学理学研究科 小池武志助教  三春町教育委員会 遠藤真弘教育長

討論 宗久 nakamura

       討論会のようす           東北大学理学研究科 篠塚勉准教授(左)   中村仁信名誉教授 (左)

                          福聚寺住職 玄侑宗久氏(右)           小池武志助教(右)