ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 仕事・産業 > 商工業・農業 > 農林業 > 農産物等の測定結果を公表します(8月6日更新)

農産物等の測定結果を公表します(8月6日更新)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月6日更新

土壌における放射性物質測定結果

    東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う農作物等に関する農業技術情報

     福島県で実施している農用地の放射性物質の状況を把握するため調査を行った結果をお知らせします。三春町では、下舞木(水田)及び西方(畑)の調査が行われています。

    三春町の土壌における放射性物質測定結果

    単位:ベクレル/キログラム(乾土)
    ※合計値は、端数処理により一致しない場合があります。

    サンプリング場所地目採取日時放射性セシウム134放射性セシウム137放射性セシウム134+137
    下舞木水田H23.3.318499571807
    西方H23.3.31303302606
    H23.4.15314376689
    実沢H23.6.26628331495
     4月14日付けで、三春町での米の作付けは制限されておりません。
     また、農作業についても肌の露出に気をつけ、作業後洗浄することなどを注意して、通常どおりの作付けを行ってよいこととなっています。

    農地土壌の放射性物質調査の測定結果について

     三春町が実施した農地土壌の放射性物質調査の結果(速報値)をお知らせします。
     7月27日から8月4日までに町内45か所で採取したものです。

    三春町の農地土壌における放射性物質測定結果

    単位:ベクレル/キログラム(乾物換算時の測定結果)

    サンプリング場所地目採取日放射性ヨウ素
    131
    放射性セシウム
    134+137
    富沢字行人沢H23.8.3ND3200
    富沢字一ノ沢H23.8.3ND1630
    青石字前田H23.8.4ND1470
    富沢字境之内H23.8.3ND2300
    富沢字柳沢二又H23.8.3ND5300
    富沢字虻田H23.8.3ND1000
    富沢字新舘H23.8.3ND960
    実沢字楢梨H23.8.4ND1390
    実沢字地神前H23.8.4ND1960
    七草木字槻木H23.7.27ND1080
    七草木字宮信田H23.8.3ND3200
    御祭字堀ノ内H23.7.27ND1670
    北成田字竹ノ花H23.8.3ND2500
    北成田字辻H23.8.3ND510
    実沢字堂平H23.8.4ND1920
    実沢字細田H23.8.4ND1320
    平沢字中H23.7.27ND2800
    御祭字荒屋敷H23.7.27ND2600
    字深田和H23.7.27ND2400
    南成田字草深内H23.8.4ND1690
    庄司字庄司H23.8.4ND1350
    山田字カブキH23.8.3ND1690
    貝山字岩田H23.7.27ND490
    字仁井町H23.7.27ND1150
    八島台4丁目H23.7.27ND1160
    熊耳字神山H23.8.4ND820
    芹ヶ沢字中久保H23.8.4ND820
    下舞木字上ノ内H23.8.3ND2400
    下舞木字上ノ内H23.8.3ND2020
    鷹巣字泉田H23.7.27ND1770
    鷹巣字壱斗内H23.7.27ND320
    貝山字柳作H23.8.4ND176
    込木字田中H23.8.4ND630
    上舞木字寺山H23.8.3ND2100
    沼沢字町田H23.8.3ND830
    西方字後作H23.8.3ND1340
    沼沢字猫ノ入H23.8.3ND1030
    柴原字滑津H23.8.4ND860
    滝字五合田H23.8.4ND430
    蛇石字金水H23.8.4ND590
    斎藤字三本木H23.8.3ND580
    狐田字折ノ内H23.8.4ND770
    根本字仲平H23.8.4ND550
    樋渡字嘗石田H23.8.4ND560
    過足字上過足H23.8.4ND440
     稲は、土壌の放射性物質が5,000ベクレル/キログラム以上のとき、作付が制限されています。町内において作付が制限された場所はありません。
     野菜等その他の作物については、土壌の放射性物質による作付制限はありません。
     米殻については、町内7か所(旧町村につき1か所)で予備調査を行い、収穫乾燥調製作業後に改めて本調査を実施する予定です。

    ▲このページの最初にもどる

    農畜産物の放射性物質の検査結果

     平成23年5月3日に町内で採取されたタケノコの放射性物質を測定した結果、放射性ヨウ素は検出されませんでしたが、放射性セシウムが暫定基準値合計500ベクレルのところ580ベクレル検出されました。
     これに伴い、三春町産のタケノコについては、福島県より出荷を差し控えるよう要請がされています。
     また、平成23年7月14日には、福島県内全市町村の牛について、県外への移動(12月齢未満の牛を除く)と、と畜場への出荷を差し控えるよう要請がされています。ただし、この出荷要請に対し、平成23年8月25日には県の定める出荷・検査方針に基づき管理されるものは除かれることになりました。
     さらに、平成23年9月16日には、三春町を含む一部の福島県内の野生きのこについて、福島県より出荷を差し控えるよう要請がされています。

    出荷制限・摂取制限の履歴

    (平成27年5月7日現在の三春町)

    品目出荷制限摂取制限解除日出荷の可否
    H23.7.14
     県外への移動(12月齢未満の牛を除く)及びと畜場への出荷を差し控えること
    H23.8.25
     7月14日付けの出荷制限に対し、県の定める出荷・検査方針に基づき管理されるものを除く
    -
    (ただし左記を除く)
    原乳H23.3.21H23.3.21H23.4.16
    ホウレンソウ、カキナH23.3.21H23.3.21H23.6.1
    非結球性葉菜類
    (ホウレンソウ、カキナ、コマツナ、ミズナ、チンゲンザイなど)
    H23.3.23H23.3.23H23.6.1
    結球性葉菜類
    (キャベツ、ハクサイ、レタスなど)
    H23.3.23H23.3.23H23.5.4
    アブラナ科花蕾類
    (ブロッコリー、カリフラワーなど)
    H23.3.23H23.3.23H23.5.11
    カブH23.3.23なしH23.5.4
    タケノコH23.5.9H23.5.9-
    野生きのこH23.9.16なし-
    牧草
    (乳用牛、肥育牛への利用・放牧)
    H23.5.12(利用放牧不可)-
    牧草
    乳用牛、肥育牛以外の牛※1への利用・放牧)
    なし-
    くさそてつ(こごみ)H24.4.27H24.4.27-
    こしあぶらH25.5.28H25.5.28-

    野菜等の放射性物質の測定結果(三春町採取分)

     農産物の放射性物質に関する福島県からの発表で、今回新たに追加になった測定値を掲載しています。なお、これまでの測定値については、測定結果一覧でご覧いただけます。

    (※11月1日発表分より、「ND]の表現が「検出せず(<検出限界値実数)」と改められました。)

    試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (2,000)(500)※2つの合計値
    イチゴH24.1.18検出せず(<7.2)検出せず(<10)検出せず(<7.4)
    カブH24.1.18検出せず(<7.9)検出せず(<12)検出せず(<8.9)

    しいたけ

    (原木施設)

    H24.2.22検出せず(<7.8)検出せず(<9.8)検出せず(<14)
    H24.2.15検出せず(<6.1)検出せず(<8.6)検出せず(<7.7)
     モニタリングは継続して行われ、出荷制限となっている作物も、以後3回に渡り基準値を下回れば出荷制限が解除されます。 また、出荷できる作物についても継続してフォローアップ検査が行われ、放射性物質の値は継続して調査されています。
     これまでの測定結果/測定結果一覧 [PDFファイル/76KB](PDF形式・137KB)

    穀物の放射性物質の測定結果(三春町採取分)

    米の放射性物質緊急調査の測定結果

      平成23年11月下旬に、福島市の米から暫定規制値を越える放射性セシウムが検出され、これを受けて県では、先の米の放射性物質調査においてNDとならなかった地区の米の全戸調査を行うこととしました。町に対しては、県から12月初旬に協力要請があり、三春地区、沢石地区、御木沢地区の全ての水稲作付農家に米の放射性物質緊急調査に協力していただきました。
     また、町としては、農産物の生産地として信頼を高めるために、上記以外の水稲作付農家全戸を対象として独自に調査を実施しました。その結果についてご報告します。

    1.調査対象

    (調査対象数量)

    調査区分地区名対象戸数辞退戸数参加戸数検体数備考
    県の要請による緊急調査三春9戸2戸7戸8県予備調査Cs計10 Bq/Kg
    沢石204戸29戸175戸179県予備調査Cs計15 Bq/Kg
    御木沢137戸16戸121戸122県本調査Cs計9.3 Bq/Kg
    町独自の全戸調査要田121戸6戸115戸115
    岩江91戸16戸75戸75
    中妻169戸16戸153戸155
    中郷234戸20戸214戸216
    合計965戸105戸860戸870
     対象戸数とは、23年度初めに稲作計画書を作った農家の戸数です。
      そのうち「原発事故の影響で計画を変更して生産しなかった」「全量出荷したので自家保有米がない等により 105戸が検査を辞退しました。 

    2.測定概況

     ◆ 測定期間  平成23年12月16日~平成24年2月8日

     ◆ 測定下限値 20Bq/Kg 

     ◆ 概況    870検体のうち、対象核種のいずれかが下限値20Bq/Kgを超過したものは42戸の42検体。うち放射性Cs合計の最大値は60Bq/Kgでした。他はすべて測定下限値未満でした。

    3.緊急調査の後、県が実施した追加調査の結果(検出された放射性Cs合計値)

     ◆ 検体は、すべて販売用に保有している「こがねもち」

     ◆ 測定概況は以下のとおり

      ・沢石地区12戸12検体のうち4検体で検出(28~92Bq/Kg)

      ・御木沢地区13戸13検体のうち1戸で検出(81Bq/Kg)

      ・他はすべて検出下限値(28Bq/Kg)未満

    4.平成24年産水稲の作付について

      国により、平成23年産のコメに含まれる放射性セシウムが100Bq/kg以下の地域においては、水稲の作付を制限しないことが明らかにされました。三春では100Bq/kgを越えるものはありませんでしたので、24年度も町内全域で水稲の作付が可能となりました。

    米の放射物質調査結果

     11月22日から12月9日にかけて、町が平成23年度産米の放射性物質調査を行いました。先の県の調査を受けて、NDでない地区についてはより詳しく、また、NDであった地区についてもできる限り均等に調査点を選んで、全体の53箇所の調査を行いました。
     その結果、今回の調査で暫定規制値の500Bq/kgを超えるものはありませんでした。

    地区名測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性セシウム134放射性セシウム137放射性セシウム合計
    暫定規制値(500)
    ※2つの合計値
    三春検出せず検出せず検出せず
    青石1区検出せず66
    実沢2区検出せず検出せず検出せず
    実沢2区7714
    実沢3区検出せず検出せず検出せず
    実沢3区検出せず検出せず検出せず
    実沢4区検出せず検出せず検出せず
    実沢4区71118
    富沢6組8816
    富沢7組6612
    富沢7組81119
    富沢7組101222
    富沢7組検出せず55
    富沢7組検出せず検出せず検出せず
    富沢7組6612
    富沢8組検出せず検出せず検出せず
    富沢9組検出せず検出せず検出せず
    富沢10組6612
    北成田検出せず66
    北成田検出せず検出せず検出せず
    南成田検出せず検出せず検出せず
    七草木検出せず検出せず検出せず
    七草木192746
    七草木6814
    七草木検出せず検出せず検出せず
    七草木71017
    七草木91423
    七草木7815
    七草木91019
    七草木検出せず検出せず検出せず
    七草木232952
    七草木171936
    御祭3区検出せず検出せず検出せず
    平沢2区151631
    平沢2区検出せず検出せず検出せず
    平沢2区検出せず検出せず検出せず
    平沢2区検出せず66
    山田121830
    山田検出せず検出せず検出せず
    上舞木6814
    下舞木6713
    下舞木5712
    下舞木検出せず検出せず検出せず
    下舞木6814
    鷹巣71522
    沼沢検出せず検出せず検出せず
    込木検出せず検出せず検出せず
    芹ケ沢検出せず検出せず検出せず
    春沢検出せず検出せず検出せず
    過足検出せず検出せず検出せず
    樋渡7916
    蛇石検出せず検出せず検出せず
    根本検出せず検出せず検出せず
    三春検出せず検出せず検出せず
    青石検出せず66
    実沢2区検出せず検出せず検出せず
    実沢2区7714
    実沢3区検出せず検出せず検出せず
    実沢3区検出せず検出せず検出せず
    実沢4区検出せず検出せず検出せず

     平成23年三春産の米は、10月12日付けで出荷・売買・譲渡が可能になりました。

    本調査結果(平成23年9月26日から10月10日に調査実施 ※ND=検出されてないという意味)
    場所採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (規制値なし)(500)※2つの合計値
    旧三春町(四反田)H23.10.3NDNDND
    旧三春町(栗林)H23.10.5NDNDND
    旧沢石村(実沢3区)H23.9.30NDNDND
    旧沢石村(実沢5区)H23.9.30NDNDND
    旧沢石村(富沢7組)H23.9.27NDNDND
    旧沢石村(富沢8組)H23.9.28NDNDND
    旧要田村(北成田)H23.10.3NDNDND
    旧要田村(庄司)H23.9.28NDNDND
    旧要田村(南成田)H23.10.10NDNDND
    旧要田村(熊耳)H23.10.10NDNDND
    旧御木沢村(平沢1区)H23.10.4NDNDND
    旧御木沢村(御祭3区)H23.9.30NDNDND
    旧御木沢村(御祭4区)H23.10.5NDNDND
    旧御木沢村(七草木)H23.10.4NDND9.3
    旧岩江村(山田)H23.10.5NDNDND
    旧岩江村(下舞木1区)H23.9.30NDNDND
    旧岩江村(下舞木2区)H23.10.4NDNDND
    旧岩江村(上舞木))H23.10.9NDNDND
    旧中妻村(斎藤)H23.10.5NDNDND
    旧中妻村(鷹巣)H23.10.5NDNDND
    旧中妻村(沼沢)H23.10.4NDNDND
    旧中妻村(西方)H23.10.4NDNDND
    旧中郷村(滝)H23.9.27NDNDND
    旧中郷村(柴原)H23.9.27NDNDND
    旧中郷村(貝山)H23.9.27NDNDND
    旧中郷村(狐田)H23.10.3NDNDND
    本調査測定結果/本調査測定結果(PDF形式・61KB)

     平成23年三春産米の予備調査においても、国の暫定規制値を超える値はありませんでした。

    予備調査結果(平成23年9月13日から20日に調査実施 ※ND=検出されてないという意味)
    場所採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (規制値なし)(500)※2つの合計値
    三春町(旧沢石村)H23.9.13NDND15
    三春町(旧三春町)H23.9.20NDND10
    三春町(旧御木沢村)H23.9.20NDNDND
    三春町(旧中妻村)H23.9.20NDNDND
    三春町(旧要田村)H23.9.20NDNDND
    三春町(旧中郷村)H23.9.20NDNDND
    三春町(旧岩江村)H23.9.20NDNDND
    予備調査測定結果/予備調査測定結果(PDF形式・61KB)
    • 麦・そば

     出荷単位で検査し、販売をするものについては、すべて検査を受けなくてはなりません。放射性物質が基準値(500ベクレル/キログラム)を超えて含まれる場合は、検査した出荷単位で出荷制限が行われます。
     秋そばのモニタリング調査の検査、暫定規制値を下回ったので、11月8日付けで秋そばを出荷・販売することができるようになりました。

    (※11月1日発表分より、「ND]の表現が「検出せず(<検出限界値実数)」と改められました。)
    試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (規制値なし)(500)※2つの合計値
    小麦H23.7.12NDNDND
    夏そばH23.8.8NDNDND
    秋そばH23.10.31検出せず(<12)検出せず(<15)検出せず(<13)
    これまでの測定結果/測定結果一覧(PDF形式・61KB)

    豆類の放射性物質検査

    (※11月1日発表分より、「ND]の表現が「検出せず(<検出限界値実数)」と改められました。)
    試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (規制値なし)(500)※2つの合計値
    小豆H23.10.7NDNDND
    大豆H23.10.27検出せぼくず(<8.3)検出せず(<11)検出せず(<13)
    大豆H23.11.14検出せず(<9.8)検出せず(<13)検出せず(<11)
    大豆H23.11.14検出せず(<11)検出せず(<13)14
    大豆H23.11.15検出せず(<7.4)検出せず(<8.4)

    検出せず(<7.1)

    大豆は、11月18日付けで出荷・販売が可能になりました。

    牛肉の放射性物質検査

     牛肉の放射性物質に関する福島県発表の測定値を掲載しています。なお、これまでの測定値については、測定結果一覧でご覧いただけます。

    (※11月1日発表分より、「ND]の表現が「検出せず(<検出限界値実数)」と改められました。)

    試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素131放射性セシウム134放射性セシウム137
    (規制値なし)(500)※2つの合計値
    牛肉H24.1.19検出せず(<5.7)検出せず(<7.3)検出せず(<7.9)
    牛肉H24.1.21検出せず(<7.9)検出せず(<8.8)検出せず(<7.8)
    牛肉H24.1.26検出せず(<7.5)検出せず(<7.3)検出せず(<7.4)
    牛肉H24.1.26検出せず(<6.0)検出せず(<7.8)検出せず(<5.5)
    牛肉H24.2.11検出せず(<5.9)1627
    牛肉H24.2.21検出せず(<7.6)1226
    牛肉H24.3.1検出せず(<7.4)検出せず(<8.7)検出せず(<8.5)
    牛肉H24.3.1検出せず(<7.2)検出せず(<7.8)検出せず(<9.0)
    牛肉H24.3.1検出せず(<5.3)検出せ ず(<8.0)検出せず(<8.0)
    牛肉H24.3.1検出せず(<6.4)検出せず(<7.6)検出せず(<6.6)
    食品衛生法における肉・卵・魚・そのほかの暫定規制値です。
    これまでの測定結果/測定結果一覧 [PDFファイル/52KB]

    原乳の放射性物質検査

     畜産物の放射性物質に関する福島県発表の測定値を掲載しています。なお、これまでの測定値については、測定結果一覧でご覧いただけます。

    (※11月1日発表分より、「ND]の表現が「検出せず(<検出限界値実数)」と改められました。)
    場所試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素
    131
    放射性セシウム
    134
    放射性セシウム
    137
    (300)(200)※2つの合計値
    郡山CS原乳H24.1.23検出せず(<6.3)検出せず(<8.1)検出せず(<9.7)
    郡山CS原乳H24.1.30検出せず(<7.4)検出せず(<8.4)検出せず(<6.6)
    郡山CS原乳H24.2.6検出せず(<6.6)検出せず(<8.2)検出せず(<9.0)
    郡山CS原乳H24.2.13検出せず(<5.3)検出せず(<8.2)検出せず(<6.4)
    郡山CS原乳H24.2.20検出せず(<6.5)検出せず(<5.8)検出せず(<6.3)
    郡山CS原乳H24.2.27検出せず(<7.1)検出せず(<6.9)検出せず(<8.3)
    ※ 原乳は3回の調査で規制値以下であったため、4月16日付けで出荷自粛が解除となっています。
     5月2日以降のモニタリングは、集荷地点ごとの調査となっており、三春町は郡山クーラーステーション(郡山CS)に含まれています。
     これまでの測定結果/測定結果一覧 [PDFファイル/52KB]

    牧草の放射性物質検査

     平成24年4月1日に食品の基準値が下げられるため、飼料の暫定許容値も下記のとおりとなりました。

     飼料中の暫定許容量(単位:ベクレル/キログラム)平成24年2月3日施行

    区分放射性セシウム134.137の合計値
    100
    馬・豚・家きん300

    ※ 繁殖雌牛や育成牛も、乳用牛や肥育牛と同じ扱いとなり、上記の値を超える飼料は給与できません。

    ※ 上記の暫定許容値への飼料の切替の期限は、乳用牛については平成24年3月15日、肉用牛については平成24年3月31日までです。

    ※ 牧草の検査については、より確実性を得るため、郡山三春地域、田村北地域など地域単位で判断しています。そのため、地域内で一つでも許容値を超えた地点がある場合は、地域内全部の牧草の利用・出荷ができないことになっています。

    三春町内産の平成23年産飼料の利用可否について

    飼料の種類利用の可否
    牧草1番草、2番草、3番草ともに利用自粛
    単年生飼料作物(デントコーン、ソルガム等)利用可能
    稲わら追加調査中
    ※調査の結果が出るまでは利用は控えてください。

    1番草
    郡山・三春地域の検査結果(単位:ベクレル/キログラム)

    場所試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素
    131
    放射性セシウム
    134
    放射性セシウム
    137
    三春町牧草H23.5.9ND96110
    郡山市(※1)牧草H23.5.9NDNDND
    郡山市(※2)牧草H23.5.9ND360390
    (※1)西田町、中田町、田村町を除く。
    (※2)西田町、中田町、田村町

    2番草
    田村北(田村市船引・常葉・三春町)地域の検査結果(単位:ベクレル/キログラム)

    場所試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素
    131
    放射性セシウム
    134
    放射性セシウム
    137
    三春町牧草H23.7.4NDNDND
    田村市船引牧草H23.7.4ND90120
    田村市常葉牧草H23.7.4NDNDND
    三春町牧草H23.7.11NDNDND
    田村市船引牧草H23.7.11ND3541
    田村市常葉牧草H23.7.11NDNDND
    三春町牧草H23.7.22NDNDND
    田村市船引牧草H23.7.22ND180150
    田村市常葉牧草H23.7.22ND160140

    3番草
    田村北(田村市船引・常葉・三春町)地域の検査結果(単位:ベクレル/キログラム)

    場所試料種類採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素
    131
    放射性セシウム
    134
    放射性セシウム
    137
    田村市船引牧草H23.9.29ND6970
    田村市常葉牧草H23.9.29ND7086
    田村市都路牧草H23.9.29ND3449
    三春町斎藤牧草H23.9.29ND6774
    田村市船引牧草H23.10.5ND140180
    田村市常葉牧草H23.10.5ND6671
    田村市都路牧草H23.10.5ND2638
    三春町斎藤牧草H23.10.5ND96110
    牧草(3番草)の飼料利用を判断するため、緊急時モニタリング検査を実施しました。
    三春が入っている「田村郡北部」地域の4地点において、10月5日に採取した3番草の検査を実施した結果、飼料中の放射性セシウムの暫定許容値を上回った地点がありました。
    今後の刈り取り適期を勘案すると今年度は飼料としての利用ができないと判断し、1番草、2番草と同様、使用を自粛することとなりました。

    稲わらの放射性物質検査

    場所採取日時測定結果(暫定規制値)単位:ベクレル/キログラム
    放射性ヨウ素
    131(暫定規制値なしのため参考値)
    放射性セシウム
    134
    放射性セシウム
    137
    放射性セシウム合計値の水分80%補正値(300)
    沢石(富沢)H23.9.30NDNDND-
    御木沢(平沢)H23.10.4ND567530
    岩江(下舞木)H23.9.30NDND338
    租飼料の暫定許容値は水分80%換算で判断します。三春町では、調査地点の3箇所全ての地点で飼料の暫定許容値(300Bq/kg)を下回ったため、これらの地域では「平成23年産稲わら」の飼料利用が可能となりました。

    ▲このページの最初にもどる

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)